元防衛相・石破茂が懸念する日米同盟「『自主防衛』は非現実的な議論だ」

安保法制

2016/12/12 07:00

 中国、トランプ、北朝鮮、日本を取り巻く環境がきな臭くなっている。専守防衛に徹し、海外に展開できる装備は持たない自衛隊。安保法とトランプ大統領の誕生で、どう変わろうとしているのか。AERA 12月12日号では「自衛隊 コストと実力」を大特集。最新兵器から出世レース、ミリメシまでいまの自衛隊に密着している。

あわせて読みたい

  • トランプ発言で割れる保守…日米同盟はどうなる?

    トランプ発言で割れる保守…日米同盟はどうなる?

    週刊朝日

    11/17

    米国抜きに語れない日本の防衛政策 脱米「自主防衛」の現実味はあるのか?

    米国抜きに語れない日本の防衛政策 脱米「自主防衛」の現実味はあるのか?

    AERA

    12/11

  • 安倍政権と非核三原則 「堅持」といいつつ「軽視」していないか

    安倍政権と非核三原則 「堅持」といいつつ「軽視」していないか

    AERA

    9/21

    統合幕僚長・河野克俊が語る国防「任務は憲法の範囲内で遂行する」

    統合幕僚長・河野克俊が語る国防「任務は憲法の範囲内で遂行する」

    AERA

    12/8

  • トランプ大統領誕生で懸念される日米同盟、米軍の撤退で防衛に穴はあかない

    トランプ大統領誕生で懸念される日米同盟、米軍の撤退で防衛に穴はあかない

    AERA

    11/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す