軍事評論家・田岡俊次が語る自衛隊の現実「幹部たちも『戦争』を知らない」

2016/12/11 07:00

 中国、トランプ、北朝鮮、日本を取り巻く環境がきな臭くなっている。専守防衛に徹し、海外に展開できる装備は持たない自衛隊。安保法とトランプ大統領の誕生で、どう変わろうとしているのか。AERA 12月12日号では「自衛隊 コストと実力」を大特集。最新兵器から出世レース、ミリメシまでいまの自衛隊に密着している。

あわせて読みたい

  • 田岡俊次氏「もし尖閣戦闘」勃発したら敗戦濃厚」 制空権握れず「水陸機動団は海上で全滅も」

    田岡俊次氏「もし尖閣戦闘」勃発したら敗戦濃厚」 制空権握れず「水陸機動団は海上で全滅も」

    AERA

    9/10

    勇ましい敵基地攻撃論だが、攻撃目標がわからない

    勇ましい敵基地攻撃論だが、攻撃目標がわからない

    AERA

    3/14

  • 基地の負担に潰される 日米一体化が進む沖縄のいま

    基地の負担に潰される 日米一体化が進む沖縄のいま

    AERA

    12/27

    1機200億円余のオスプレイが尖閣防衛で役に立たない理由

    1機200億円余のオスプレイが尖閣防衛で役に立たない理由

    ダイヤモンド・オンライン

    9/7

  • 米韓軍事演習の中止でパニックは愚か、軍事評論家・田岡氏が解説

    米韓軍事演習の中止でパニックは愚か、軍事評論家・田岡氏が解説

    AERA

    6/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す