築地移転延期の余波 暫定道路で五輪大渋滞 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

築地移転延期の余波 暫定道路で五輪大渋滞

このエントリーをはてなブックマークに追加
福井洋平AERA#築地市場
築地市場跡地を通る環状2号線の建設予定地と、暫定道路のイメージ。移転後、更地になるので広い暫定道路を造れそうに見えるが(写真:東京都建設局道路建設部提供)

築地市場跡地を通る環状2号線の建設予定地と、暫定道路のイメージ。移転後、更地になるので広い暫定道路を造れそうに見えるが(写真:東京都建設局道路建設部提供)

 東京都の小池百合子知事は11月18日の記者会見で、築地市場の豊洲移転は最速で来年冬との見通しを示した。そこではもうひとつ、重要な方針変更が説明された。築地市場跡地の地下を通る道路「環状2号線(環2)」の計画変更だ。

 東京五輪・パラリンピックまでに片側2車線で全線開通する予定だったが、豊洲に移転しても工事が物理的に間に合わないとして、小池氏は「地上部道路で対応することとなります」と発表した。この場合、片側1車線での建設が有力視されている。

●都心直結ルートに暗雲

 環2は五輪時の「大動脈」として位置づけられている。現在、環2は全体(14キロ)のうち、都心部の新橋から選手村予定地の晴海を経て豊洲までの3.4キロ以外が開通済みだ。五輪会場が集まる臨海部と都心を直結させる「コンパクト五輪」の要として、都が五輪立候補時に作成したファイルには2020年までの完成と「大会開催時には、オリンピック・レーンも設置することにより、移動時間を大幅に短縮させる」「選手村からオリンピックスタジアムまでの所要時間は、15分短縮し、10分となる」といった効果が記されている。森喜朗大会組織委員会長は9月、市場移転の延期を受けて、「(環2は)いつまでに着工できるのか」と小池氏に詰め寄ったほどだ。

 今後の工事日程は、まず移転直後に市場の端の部分に暫定道路を建設する。既存の建物を大きく壊さず、交差する「新大橋通り」との合流をスムーズにするため、かなり大きくカーブしており、大型車両の走行には向かない。そのため市場施設撤去後に地下の本線工事と並行して造る片側1車線の側道を五輪時に使うことになりそうだ。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい