東芝凋落の一方、立ち直った日立 英断の裏に「ハイジャック」の記憶

企業

2016/03/22 11:30

 サラリーマンの「出世頭」が社長になるのが普通の日本。その当たり外れは、従業員の運命も翻弄する。両極端な経過をたどった大手電機2社。東芝が凋落していく一方で、リーマンショックからも立ち直ったのが日立だ。そこにはトップの覚悟があった。

あわせて読みたい

  • 日立と東芝 リーマン・ショック後の「危機対応力」に差

    日立と東芝 リーマン・ショック後の「危機対応力」に差

    AERA

    4/15

    東芝が半導体事業を一刻も早く完全売却すべき理由

    東芝が半導体事業を一刻も早く完全売却すべき理由

    dot.

    3/14

  • 売るものがなくなった東芝 原発とともに心中か

    売るものがなくなった東芝 原発とともに心中か

    週刊朝日

    3/2

    田原総一朗「不採算事業となった原発とともに沈む東芝」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「不採算事業となった原発とともに沈む東芝」

    週刊朝日

    3/15

  • “お公家”東芝と“野武士”日立 明暗を分けた企業文化

    “お公家”東芝と“野武士”日立 明暗を分けた企業文化

    AERA

    4/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す