「たこ焼き」婚活パーティー 人気の理由は夫婦関係の“肝”がわかるから? (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「たこ焼き」婚活パーティー 人気の理由は夫婦関係の“肝”がわかるから?

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#婚活
同性の友達ができやすいのも食べる婚活ならでは。イベント後のLINEグループでは婚活情報や恋愛相談が飛び交うことも(撮影/まつざきみわこ)

同性の友達ができやすいのも食べる婚活ならでは。イベント後のLINEグループでは婚活情報や恋愛相談が飛び交うことも(撮影/まつざきみわこ)

「たこパ」ことたこ焼きパーティーが若い世代では人気だが、実はこの流れ、婚活パーティーにも。人気の理由とは。


 週末の夜、東京・池袋にある雑居ビルの一室に、23~42歳の独身男女24人が集まった。男3人、女3人ごとに分けられた小グループの前に置かれたのは、「たこ焼き器」。参加者自身が作りながら交流する「たこ焼きパーティー婚活イベント」の始まりだ。

 スタッフの音頭で乾杯を終えると、自己紹介もそこそこにグループごとに調理スタート!

男「えっと、まずはどうすればいいんですかね?」

女「生地ダネを鉄板に流し込むんですよね、きっと」(一気に注ぎすぎて盛大にあふれる)

女「きゃ!」

男「大丈夫? はい、これ」(と、すかさずふきんを差し出す)

女「ありがとう」

男「どういた橋区」

女「……」

男「……っていうか、マヨネーズかけすぎじゃない?」

女「私、マヨラーだから!」

 たこ焼きの作業は話の「ネタ」。相手にツッコみツッコまれ、時におやじギャグに凍りつきながらも、グループごとに「キャッキャウフフ」と楽しそうな声が上がる。
 
 30分が経過すると、男性3人は回転ずしのように違うテーブルに移動。これを3回繰り返し、ソース味のノーマルなたこ焼き、明太チーズ、つくね、ホットケーキ生地で作ったスイーツ風、と味を変えながら「ミニ合コン」を楽しむのだ。最後に気になる相手と連絡先を交換。2時間半のパーティーはお開きとなった。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい