認知症の課題は「見たことないものへの恐怖」

介護を考える

2015/11/08 07:00

 10年後、認知症の高齢者は700万人に達するといわれる。当事者たちとの関わり方について、考えるときがきているようだ。「認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ(DFJI)」を立ち上げた徳田雄人さんは、今後の社会について次のように話す。

あわせて読みたい

  • 脳梗塞の薬が認知症治療に効果あり? 治験で実証へ

    脳梗塞の薬が認知症治療に効果あり? 治験で実証へ

    週刊朝日

    8/11

    注目される静岡県「富士宮方式」 認知症にフレンドリーな社会

    注目される静岡県「富士宮方式」 認知症にフレンドリーな社会

    AERA

    11/7

  • 金融機関の新人研修で「認知症」について学ぶ 共生社会を実現するためのヒントに

    金融機関の新人研修で「認知症」について学ぶ 共生社会を実現するためのヒントに

    AERA

    5/29

    2月号福祉ジャーナリスト・元NHKキャスター 町永俊雄 Machinaga Toshio「当事者発信」という認知症の人の力

    2月号福祉ジャーナリスト・元NHKキャスター 町永俊雄 Machinaga Toshio「当事者発信」という認知症の人の力

    2/9

  • 子どもを“認知症キッズサポーター”に 認知症に新たな取り組み

    子どもを“認知症キッズサポーター”に 認知症に新たな取り組み

    AERA

    11/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す