【ニッポンの課長】日立製作所「鉄道発祥の地を走る」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ニッポンの課長】日立製作所「鉄道発祥の地を走る」

このエントリーをはてなブックマークに追加
日立製作所「鉄道発祥の地を走る」交通システム社 笠戸事業所車両製造部車両第2課課長 鵜原 治(48)撮影/東川哲也

日立製作所
「鉄道発祥の地を走る」

交通システム社 笠戸事業所
車両製造部車両第2課課長 鵜原 治(48)
撮影/東川哲也

 アエラにて好評連載中の「ニッポンの課長」。

 現場を駆けずりまわって、マネジメントもやる。部下と上司の間に立って、仕事をやりとげる。それが「課長」だ。

 あの企業の課長はどんな現場で、何に取り組んでいるのか。彼らの現場を取材をした。

 今回は日立製作所の「ニッポンの課長」を紹介する。

【ニッポンの課長フォトギャラリーはこちら】

*  *  *
■日立製作所 交通システム社 笠戸事業所 車両製造部車両第2課課長 鵜原 治(48)

 日本で走る電車よりも一回り小さいだろうか。真新しい白い車両の正面に黄色いライン。日立製作所の笠戸事業所(山口県下松市)でつくるこの列車は、英国へ輸出される車両。すでに出荷は1月から始まった。

 ロンドンとウェールズ、スコットランドをそれぞれ結ぶ主要幹線の老朽車両866両(122編成)を置き換える。総事業費57億ポンド(約1兆円)は英国鉄道史上最大級。それを日立が2012年7月、官民連携で射止めた。

 納める車両は、軽量アルミ素材を使った最新鋭の車両「Class800シリーズ」。27年半にわたる保守事業も受注した。笠戸事業所では12編成をつくり、残りは英ダラム州に建設中の現地工場で製造する。ここから欧州のほかの鉄道車両の受注も視野に入る。

「笠戸事業所を『世界一のマザー工場に』というスローガンがあるので、責任重大です」

 そう話すのは、構体が組み上がった車両に機器や配線、内装を取り付ける「艤装」の管理責任者、鵜原治だ。協力会社のスタッフを含む約600人を束ねる。山口県立下関工業高校の電気科を卒業して日立に入社。すぐに日立の企業城下町である茨城県内の工場に配属され、「日立精神」を培った。笠戸事業所には1989年から勤務する。

 いま力を入れているのは、製造工程の「伝承」。ポイントを英国の現地工場の作業者に伝えるため、組み立て作業を映像で撮影し、人的ミスをなくす仕掛けづくりもしてきた。

「細かい指示やノウハウは、口や紙で伝えるよりも、映像で伝えるのが一番ですから」

 ボルトの締め方一つにも気を配る。ボルト一本一本の締め付ける力を自動管理するシステムを、工具メーカーと共同開発した。こうしたシステムが、英国での生産や保守作業に生かされる。

 4月からは、いよいよ英国の主要幹線でClass800が試験運行する予定だ。(文中敬称略)

※本稿登場課長の所属や年齢は掲載時のものです

(ライター・西元まり)

AERA 2015年3月23日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい