子どものやる気スイッチは、ほめる+質問 (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

子どものやる気スイッチは、ほめる+質問

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター・島沢優子AERA#出産と子育て

 河村さんが主宰する知育教室では、子どもたちほぼ全員の父親が参観に訪れる。あらかじめ「わが子を心の目で見て」と諭すが、わが子をスマホで撮影しながら、「おい、できないのか!」と怒り出してしまう父親もいるという。
「親御さんはわが子の出来に敏感すぎて、子どもを追い詰める言葉しか出てこない。例えば、3歳で1千日しか生きていない子に要求が高すぎる。もっと肯定してあげてほしい」
 アエラが実施したアンケートでは、「わが子に言ってしまい反省した言葉」に、「早くしなさい」「何でこんなことができないの」「ダメ」「お兄ちゃんなんだから」など心理的に追い込む言葉や、子どもを否定する「自尊感情抹消ワード」が並ぶ。「お父(母)さんにそっくり」は親子同時にバッサリだ。

●問いかけるほめ方

 では、小学生までの子どもの意欲を引き出す言葉とはどんなものか。『少年サッカーは9割親で決まる』を監修したJリーグ京都サンガF.C.普及部部長の池上正さんは、「問いかけるほめ方」を勧める。例えば、子どもが何か良いことをしたり、できるようになったりしたとき。「すごいね」だけで終わらせず、おまけの質問を付け足す。
「へえ、どうやってやったの?」
「何がヒントになったの?」
 これらの問いかけは「次の取り組みにつながる意欲を引き出すうえに、お母さんは自分にすごく関心がある、ひいては大事にされているという安心感につながる」(池上さん)という。無視や無関心が子どもにとって一番痛手になることを思えばうなずける。ほめた後にひと言質問を加えればいいのだから、すぐに実践できそうだ。
『思春期の子をやる気にさせる親のひと言』の著者で、自称「やる気スイッチマン」の大塚隆司さんは、ベテラン家庭教師。不登校の小学校高学年、中高校生を支えてきた。

●ひとつのダイスキに

 大塚さんが挙げる中高校生へのNGワードは「どうしてそういうことするの!」「だから、言ったじゃん」「おまえにできるわけがない」など、責め口調の否定形が多い。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい