全身入れ墨の韓国人ら ウナギシラス買いに走る理由

2013/11/11 16:00

 近年、フィリピンで入手した、ウナギの稚魚であるシラスウナギを「ニホンウナギ」のものだとして持ち込むブローカーが増えているという。ニホンウナギのシラスはフィリピンでも取れるが、圧倒的に量が少ないため、別の品種を偽っていることも少なくない。この背景には、フィリピンでのウナギ事情の変化があるようだ。

あわせて読みたい

  • 12月18日は源内忌。自由人・平賀源内は現代ウナギ養殖を見てどう言うでしょうか?

    12月18日は源内忌。自由人・平賀源内は現代ウナギ養殖を見てどう言うでしょうか?

    tenki.jp

    12/18

    真夏のごちそう、ウナギの意外な正体とは!? なぜ今、天然ウナギが絶滅の危機に…?

    真夏のごちそう、ウナギの意外な正体とは!? なぜ今、天然ウナギが絶滅の危機に…?

    tenki.jp

    8/8

  • 今夏ウナギの値段どうなる? 6年ぶり豊漁も「値下げにならない」事情

    今夏ウナギの値段どうなる? 6年ぶり豊漁も「値下げにならない」事情

    週刊朝日

    7/18

    謎だらけの 「ウナギ」 の生態。どこで生まれて、どこを泳いで、日本にやって来るのか?

    謎だらけの 「ウナギ」 の生態。どこで生まれて、どこを泳いで、日本にやって来るのか?

    tenki.jp

    8/4

  • 漁獲高減少でシラスウナギの価格が高騰 1キロ180万円以上も

    漁獲高減少でシラスウナギの価格が高騰 1キロ180万円以上も

    週刊朝日

    4/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す