50代男性社員 あだ名は「伝書バト」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

50代男性社員 あだ名は「伝書バト」

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#仕事
「使えない社員」を調査したところ…(※イメージ)

「使えない社員」を調査したところ…(※イメージ)

 最近ではメディアでもワーキングマザーについて取り上げることが多く、職場で厳しい目を向けられているのは働く母親…かと思いきや、どうやらそうとも言い切れないようだ。アエラが会社勤めの20~50代を対象に「使えない社員」について調査したところ、全世代が共通して挙げたのは「50代男性」だった。ある企業ではこんな「お荷物社員」を抱えているという。

 大手メーカーA社の首都圏の支店。50代前半の男性本部長のあだ名は「糸電話」「伝書バト」。いつもぼーっと席に座っていて、たまに「調整」の名目でいそいそと本社に出かける。現場の社員はこう思っている。彼は何のためにいるのか?ある女性社員(27)は言う。

「年配社員が就くポストをなくさないためだけにある、いわば『ポスト維持のためのポスト』。仕事はほぼすべて本部長より下の上司だけで回っているし、むしろ彼のせいで現場が混乱します」

 というのも、本部長は本社に行くと要求をすべてのんでしまい、支店には「伝える」だけ。現場の状況を考慮し、本社の無理な要求とすり合わせて交渉するのが「調整」ではないのか。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい