ノーベル賞の陰に「ヘタウマ」プレゼン

ノーベル賞

2012/10/23 07:00

 今年6月、東京と横浜で開かれた「国際幹細胞学会」のイベントで、高校生や父母ら一般人約500人を前に、京都大学iPS細胞研究所長の山中伸弥(50)が話し始めた。

あわせて読みたい

  • ノーベル賞に関する記事一覧

    ノーベル賞に関する記事一覧

    1/1

    iPS10歳、浮上してきた新たな問題

    iPS10歳、浮上してきた新たな問題

    AERA

    11/28

  • ノーベル賞の山中伸弥教授 大学プレゼンで大バクチ

    ノーベル賞の山中伸弥教授 大学プレゼンで大バクチ

    AERA

    10/15

    「舵取りを誤るな」 iPS細胞で日本がトップでいるために

    「舵取りを誤るな」 iPS細胞で日本がトップでいるために

    週刊朝日

    8/21

  • iPS細胞作製成功から15年 夢の技術から「身の丈に合った規模に」

    iPS細胞作製成功から15年 夢の技術から「身の丈に合った規模に」

    週刊朝日

    2/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す