ノーベル賞の山中伸弥教授 小6で急成長の理由

ノーベル賞

2012/10/15 15:04

 iPS細胞開発で一躍著名人となった山中伸弥・京都大学教授。しかし幼い頃から目立った存在だったというわけではないようだ。転機は小学校6年生の時に訪れたという。

あわせて読みたい

  • 山中教授が小学5年で急に「モテモテ」になった理由

    山中教授が小学5年で急に「モテモテ」になった理由

    週刊朝日

    10/15

    ノーベル賞山中教授の少年時代 一人だけ辞書読んでた

    ノーベル賞山中教授の少年時代 一人だけ辞書読んでた

    週刊朝日

    10/15

  • 山中伸弥教授が強調する「米国の怖さ」 iPS細胞研究で出し抜かれ“逆輸入”の恐れも

    山中伸弥教授が強調する「米国の怖さ」 iPS細胞研究で出し抜かれ“逆輸入”の恐れも

    AERA

    12/12

    ノーベル賞の山中伸弥教授 大学プレゼンで大バクチ

    ノーベル賞の山中伸弥教授 大学プレゼンで大バクチ

    AERA

    10/15

  • 稲盛和夫×山中伸弥特別対談 2人の共通点は“父”

    稲盛和夫×山中伸弥特別対談 2人の共通点は“父”

    週刊朝日

    10/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す