警察の働き方改革で登場した顔認証を超える驚異的なシステムとは?

2019/06/18 17:00

 繁華街で警視庁が設置した監視カメラは悪質な客引き行為を見張るだけでなく、日々、犯罪の芽を監視する装置として、もはや欠かせないものとなっている。プライバシーの侵害などマイナス面もある防犯カメラだが、テロの脅威を背景に、海外ではSFかと思わんばかりの顔認証システムが進化し続け、犯罪捜査に役立てられている。注目の警察小説「警察庁特命捜査官 水野乃亜 ホークアイ」で、手配犯追跡のためにAIによる顔認証システムが本格導入される近未来を描いた初瀬礼が、その現状を報告する。

あわせて読みたい

  • “ハロウィーン”逮捕も弱点あり…「顔認証システム」の実力と盲点

    “ハロウィーン”逮捕も弱点あり…「顔認証システム」の実力と盲点

    週刊朝日

    3/1

    歌舞伎町から夢の国まで… 防犯技術の進化で日本が“超監視社会”に

    歌舞伎町から夢の国まで… 防犯技術の進化で日本が“超監視社会”に

    AERA

    12/6

  • 顔認証システム「気持ち悪い」 防犯の最新技術に不安を覚える人々

    顔認証システム「気持ち悪い」 防犯の最新技術に不安を覚える人々

    AERA

    12/7

    駅に設置の顔認証カメラで「出所者検知」の波紋 ミシェル・オバマを「男性」と判定した精度の低さ指摘も

    駅に設置の顔認証カメラで「出所者検知」の波紋 ミシェル・オバマを「男性」と判定した精度の低さ指摘も

    dot.

    10/16

  • 市民4人にカメラ1台、監視先進都市ロンドンからレポート

    市民4人にカメラ1台、監視先進都市ロンドンからレポート

    AERA

    12/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す