島本理生「本能的にひかれる人に出会うその瞬間を書きたいと思った」 新刊『憐憫』

読書

2022/12/02 17:00

 編集者の依頼を受けて書く小説のほかに、島本理生さんには自ら一人で書き進めていく小説が7、8作に1作くらいの割合である。『憐憫』(朝日新聞出版 1540円・税込み)はそんな作品として始まった。

あわせて読みたい

  • 『源氏物語』は人の弱さや情けに懐が深くあたたかさを感じる 小説家・島本理生の非日常を味わえる10冊

    『源氏物語』は人の弱さや情けに懐が深くあたたかさを感じる 小説家・島本理生の非日常を味わえる10冊

    AERA

    11/13

    恋愛小説のマスターピース島本理生著『ナラタージュ』松本潤×有村架純×行定勲監督で実写映画化

    恋愛小説のマスターピース島本理生著『ナラタージュ』松本潤×有村架純×行定勲監督で実写映画化

    Billboard JAPAN

    7/14

  • YOASOBI、直木賞作家コラボ第1弾「ミスター」配信リリース&原作小説を収めた書籍『はじめての』刊行

    YOASOBI、直木賞作家コラボ第1弾「ミスター」配信リリース&原作小説を収めた書籍『はじめての』刊行

    Billboard JAPAN

    2/16

    映画『ナラタージュ』坂口健太郎の出演決定! 松本潤&有村架純と禁断の三角関係に

    映画『ナラタージュ』坂口健太郎の出演決定! 松本潤&有村架純と禁断の三角関係に

    Billboard JAPAN

    1/20

  • 「恋愛小説じゃなかった」コロナ禍とオリンピック間近の東京を背景に描く“すべてを捨てていく物語”

    「恋愛小説じゃなかった」コロナ禍とオリンピック間近の東京を背景に描く“すべてを捨てていく物語”

    AERA

    1/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す