平和ボケの自民党 古賀茂明

政官財の罪と罰

古賀茂明

2022/10/18 06:00

 安倍晋三政権が集団的自衛権行使に道を開いて以降、日本の戦争準備が着々と進んでいる。「台湾有事=日本有事」という飛躍した話が、今や当然のことのように語られる。沖縄などの離島にミサイル基地や電子線部隊が設置され、北京攻撃ができる長射程ミサイルの開発も進む。さらに、最近は「継戦能力」と称し、長期戦に備えて武器弾薬を北海道などから沖縄方面に再配備するため、火薬工場を国が建設して防衛産業に貸し出し来年にも稼働させる。今すぐ戦争が始まるかのようだ。

あわせて読みたい

  • 沖縄を再び戦場にするのか 古賀茂明
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    沖縄を再び戦場にするのか 古賀茂明

    週刊朝日

    9/13

    元外交官・松川るい参院議員が明かした安倍晋三元首相への思い 「今までの憲政史上にはいなかった」

    元外交官・松川るい参院議員が明かした安倍晋三元首相への思い 「今までの憲政史上にはいなかった」

    dot.

    9/25

  • 「おもいやり予算」名称変更に違和感 「政治的な意図が濃厚」「メディアの側の判断も問われる」と専門家

    「おもいやり予算」名称変更に違和感 「政治的な意図が濃厚」「メディアの側の判断も問われる」と専門家

    AERA

    2/2

    元自衛隊陸将が解説 台湾有事で日本に起こりうる「シナリオ」と「課題」

    元自衛隊陸将が解説 台湾有事で日本に起こりうる「シナリオ」と「課題」

    AERA

    9/4

  • 対中国が念頭の軍備拡張 一方で「お寒い」戦略議論

    対中国が念頭の軍備拡張 一方で「お寒い」戦略議論

    AERA

    1/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す