首都圏の“秘境”に移住する若者たち コンビニなくとも困らず

2022/10/17 11:30

 東京との県境にある山梨県丹波山(たばやま)村。人口わずか530人の小さな村ではここ数年、若者の移住や起業が相次いでいる。鉄道も通らず、コンビニもない。一見すると不便な環境だが、なぜ若者たちは、村で暮らすことを選んだのか。現地を訪れた。

あわせて読みたい

  • 「生活費20万安い」品川区から多摩西部へ 一人暮らしこそ「近郊移住」のすすめ

    「生活費20万安い」品川区から多摩西部へ 一人暮らしこそ「近郊移住」のすすめ

    AERA

    6/1

    都会を捨てる「近郊移住」が急増中 30代夫婦「広さ2倍以上」「家賃半額」に大満足

    都会を捨てる「近郊移住」が急増中 30代夫婦「広さ2倍以上」「家賃半額」に大満足

    AERA

    5/27

  • 脱通勤で「湘南移住」が人気 「自転車10分で浜辺」という生活に解放感

    脱通勤で「湘南移住」が人気 「自転車10分で浜辺」という生活に解放感

    AERA

    5/28

    福井・池田町は移住で「最大500万円」支援 首都圏なら狙い目は「条件不利地域」

    福井・池田町は移住で「最大500万円」支援 首都圏なら狙い目は「条件不利地域」

    AERA

    5/30

  • コロナ時代の移住先ランキング関東1位は「群馬県で3番目に小さい町」 東北は同率で2市

    コロナ時代の移住先ランキング関東1位は「群馬県で3番目に小さい町」 東北は同率で2市

    AERA

    8/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す