ヤギとの言葉を超えた濃密な交流。その生活は小説以上に波乱万丈!

読書

2022/09/01 11:30

『カヨと私』(本の雑誌社 2200円・税込み)は小豆島でヤギと暮らす内澤旬子さんのエッセイだ。写真のカヨを牧場から譲り受けたのは8年前。まだ生後数カ月の子ヤギだった。

あわせて読みたい

  • 小豆島に八十八カ所あり! 読者が遍路を追体験できる内澤旬子の新刊

    小豆島に八十八カ所あり! 読者が遍路を追体験できる内澤旬子の新刊

    週刊朝日

    2/22

    ある日、恋人がストーカーに…“被害者”である著者が綴る衝撃の実話

    ある日、恋人がストーカーに…“被害者”である著者が綴る衝撃の実話

    BOOKSTAND

    8/13

  • 【本の甲子園】書店員が選ぶ四国・九州・沖縄の“ご当地本”12冊!

    【本の甲子園】書店員が選ぶ四国・九州・沖縄の“ご当地本”12冊!

    週刊朝日

    9/14

    9月号メディアプロデューサー 平野公子 Hirano Kimiko可笑しい人

    9月号メディアプロデューサー 平野公子 Hirano Kimiko可笑しい人

    9/14

  • ストーカー化した元恋人「実は偽名で前科あり」? 作家の実体験描くノンフィクション

    ストーカー化した元恋人「実は偽名で前科あり」? 作家の実体験描くノンフィクション

    AERA

    7/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す