室井佑月「やっぱりわからない」

しがみつく女

室井佑月

2022/06/02 06:00

室井佑月・作家
室井佑月・作家

 作家・室井佑月氏は、「AV出演被害防止・救済法案」にまつわる、一部のフェミニストの反応について、苦言を呈する。

【この記事の画像の続きはこちら】

*  *  *

 先週につづいて、「AV出演被害防止・救済法案」について。これに反対する一部のフェミニストたちがわからない。

 まず、成人年齢の引き下げと共に、18・19歳の出演の強要があってはならないと考えたんだよね。で、新法は18・19歳が対象とされてはいないが、それを含む被害者が救済されるようになっている。

 ところが彼女らは、性交について禁止とならないのはおかしいといいだした。そうしないのは、性交契約に国がお墨付きを与えることであると。性交契約を合法化するつもりかと。

 でも、新法はそんなことはいってない。3条で、はっきりそれを否定している。

 それから、「(新法で)業者が儲かる」「一生の傷を受けうることへの説明まで丁寧に盛り込まれているが、女性が拒絶できるとは思えない」ともいっていた。

 新法で出演の取り消しができ、無かったことにできる。その際、出演料は返還することになるが、制作費等の賠償は免責されることになる。かなり業者に厳しい新法だ。だからこの先、出演の強要なんて怖くてできなくなるってことなんだけど。

 そして、丁寧に説明しても拒絶できない女性という概念はどうなのだろう。AVに出る人がそうだといっているなら差別だし、それでなくても問題だ。

 あたしもそうであるがフェミニストはもれなく、家父長制度に反対している。しかし、一部のフェミのこういった意見は、家父長制度に反対するどころか賛同することになるのではないか。女性は未熟だから契約はできないというのなら、家長という保証人を立てねば、自分で家も借りられないことになるし、ローンも組めないということになってしまう。フェミニズム運動とは、女性の解放運動ではなかったのか?

 でも、こういった人たち、ラディカルといわれるフェミニストの間違いを指摘すると、途端に「アンチフェミニスト」「ミソジニスト」とレッテルを貼られ、寄ってたかってネットリンチという制裁を受ける。

1 2

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す