ユーミンも愛した「アルファミュージック」 ラジオマンが振り返る (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ユーミンも愛した「アルファミュージック」 ラジオマンが振り返る

連載「RADIO PA PA」

延江浩週刊朝日#延江浩
延江浩(のぶえ・ひろし)/TFM「村上RADIO」ゼネラルプロデューサー (photo by K.KURIGAMI)

延江浩(のぶえ・ひろし)/TFM「村上RADIO」ゼネラルプロデューサー (photo by K.KURIGAMI)

「ALFA MUSIC LIVE」の様子(撮影・三浦憲治)

「ALFA MUSIC LIVE」の様子(撮影・三浦憲治)

 TOKYO FMのラジオマン・延江浩さんが音楽とともに社会を語る、本誌連載「RADIO PA PA」。今回は懐かしの「アルファミュージック」について。

【写真】「ALFA MUSIC LIVE」の様子はこちら

*  *  *
 音楽プロデューサーの松任谷正隆さんと田町で待ち合わせた。番組の取材で。かつてアルファレコードがあったあたり。

「この玄関のところで八千草薫さんがドラマの撮影をしていた。懐かしいな。収録の合間には裏手の運河を眺めたり」

 正隆さんは細野晴臣、林立夫、鈴木茂(キャラメル・ママ!)とユーミンの『ひこうき雲』のレコーディングに参加した。

 慶應の学生だった彼はつきあい始めたユーミンと田町駅反対側の三田キャンパスに自分が卒業できているかを見に行った。

「つきあったといっても、スタジオが終わって青山のユアーズでハンバーガーを頬張って、そのあと由実さんを京王線の明大前まで送ったり、それくらい(笑)。社長の村井(邦彦)さんがベンツで乗りつけると、いつかはあんなクルマに乗りたいなと思ったり。アルファって慶應閥で、(大学ジャズの)ライト(ミュージックソサイェティ)出身がたくさんいてね」

 アルファの連中は良家の子女の集まりで、ラジオ局にアウディで来たり、本好きでお洒落な若者たちが多かった。局に入ったばかりの僕もよく仲間に入れて貰った。

 そんな会社の社長だった村井さんの古稀を祝い、正隆さんが演出したのが『ALFA MUSIC LIVE』(2015年9月27、28日 Bunkamuraオーチャードホール)。荒井由実の名でユーミンが『中央フリーウェイ』を歌い、吉田美奈子『夢で逢えたら』、加橋かつみ『愛は突然に』、GAROの大野真澄『学生街の喫茶店』、赤い鳥『竹田の子守唄』を味わい、ブレッド&バター『あの頃のまま』から大団円のYMOに至るまで、安保闘争、ベトナム反戦など激動の69年に創設したアルファミュージックの歴史を音楽と当事者の語りでひもとく壮大な音絵巻だった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい