コロナ禍で追い風のゴルフ業界 若者や女性の「2サム」が人気! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

コロナ禍で追い風のゴルフ業界 若者や女性の「2サム」が人気!

宮崎健週刊朝日
マスターズ初制覇の松山英樹 (GettyImages)

マスターズ初制覇の松山英樹 (GettyImages)

オーガスタ調べ。各ゴルフ場の情報(5月平日)をもとにした料金の目安。食事代などの有無はゴルフ場で異なり、料金は予約方法や条件で変動することがある。車でのアクセスは一例 1/3 (週刊朝日2021年5月28日号より)

オーガスタ調べ。各ゴルフ場の情報(5月平日)をもとにした料金の目安。食事代などの有無はゴルフ場で異なり、料金は予約方法や条件で変動することがある。車でのアクセスは一例 1/3 (週刊朝日2021年5月28日号より)

オーガスタ調べ。各ゴルフ場の情報(5月平日)をもとにした料金の目安。食事代などの有無はゴルフ場で異なり、料金は予約方法や条件で変動することがある。車でのアクセスは一例 2/3 (週刊朝日2021年5月28日号より)

オーガスタ調べ。各ゴルフ場の情報(5月平日)をもとにした料金の目安。食事代などの有無はゴルフ場で異なり、料金は予約方法や条件で変動することがある。車でのアクセスは一例 2/3 (週刊朝日2021年5月28日号より)

オーガスタ調べ。各ゴルフ場の情報(5月平日)をもとにした料金の目安。食事代などの有無はゴルフ場で異なり、料金は予約方法や条件で変動することがある。車でのアクセスは一例 3/3 (週刊朝日2021年5月28日号より)

オーガスタ調べ。各ゴルフ場の情報(5月平日)をもとにした料金の目安。食事代などの有無はゴルフ場で異なり、料金は予約方法や条件で変動することがある。車でのアクセスは一例 3/3 (週刊朝日2021年5月28日号より)

 新型コロナウイルスの感染拡大で多くの業界が沈む中、ゴルフに注目が集まっている。特に夫婦やカップルなど「2サム(2人組)」の利用が増えているという。

【一覧で見る】平日2サムでもプレーできる主なゴルフ場

*  *  *
 眠い目をこすりながら、テレビで見守った人も多かったに違いない。

 夕日に照らされた、米ジョージア州にあるオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの18番ホール。松山英樹が4月、この美しき難コースで最後のパットを沈め、日本人がこれまで届かなかった「グリーンジャケット」に腕を通した。

 松山が男子メジャー、マスターズ・トーナメントを初制覇したことで、ゴルフ業界が久しぶりに活気づいている。使用していたゴルフ用品などが注目され、練習場も打席待ちになるほどだ。

 そんなオーガスタの余韻に浸りながら訪ねたのは、東京・虎ノ門にある会社、その名もオーガスタだ。

「通常ならば仕事帰りで夕方以降が混むのですが、日中にふらっと訪れる新しいお客さんが増えています。コロナ禍にあって、どうやら『屋外』『練習場』で検索して来られるみたいです」

 ビル屋上で「虎ノ門ゴルフプラザ」を営む同社の代表、ティーチングプロA級の資格を持つ村井亮太さん(46)は話した。都心にある練習場も昨年は一時、テレワークの影響などで売り上げが落ちた。だが、夫婦でレッスンに通う人など客足はしだいに回復。営業中なら常に打ち放題という年間会員(約17万円)は今春までの1年で、新規10人ほどが入会したという。

 もちろん“松山効果”は絶大だが、密を避けられる屋外スポーツだとして、ゴルフ業界はコロナ禍の昨年からフォローの風が吹いていた。

 全国145コースを抱えるゴルフ場運営大手のパシフィックゴルフマネージメント(PGM)によると、昨年9月~今年3月の7カ月間を前年同期で比べたところ(ゴルフ場の増減を除く)、全体の利用者は微増だった。とくに年齢別では39歳以下の割合が15%増。なかでも女性が30%増えるなどし、若い人の姿が目につくようになったという。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい