松山英樹の国民栄誉賞も期待 丸山茂樹「立ちションできなくなりますね」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松山英樹の国民栄誉賞も期待 丸山茂樹「立ちションできなくなりますね」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹

丸山茂樹

ノってるなあ、稲見さん (c)朝日新聞社

ノってるなあ、稲見さん (c)朝日新聞社

 丸山茂樹氏は、マスターズ優勝を果たした松山英樹の国民栄誉賞受賞に期待を寄せる。

【写真】稲見萌寧さん

*  *  *
 マスターズ優勝という快挙をなしとげた松山英樹(29)が、内閣総理大臣顕彰を受けました。

 ゴルフ界ではアメリカ女子ツアーで賞金女王に輝いた岡本綾子さんに続いて2人目ですか。ほかには将棋の羽生善治さん、柔道の田村亮子さん、自動車レースの佐藤琢磨さん……。そこに名前が並ぶのは、素晴らしいですね。

 このあと、国民栄誉賞もついてこないのかな?受けるのか受けないのかは分からないですけど、そうなったら野球の福本(豊)さんじゃないですけど、立ちションもできなくなっちゃいますね。ハハハ。

 さて国内の女子ツアーでは、稲見萌寧(もね)さん(21)の勢いが止まりませんねえ。「フジサンケイレディスクラシック」(4月23~25日、静岡・川奈ホテルGC富士)で逆転優勝して、歴代最多に並ぶ月間3勝目。今年に入ってなんと8戦4勝ですよ! 去年と統合されたシーズンでいえば、今シーズン5勝目。4月26日付の世界ランキングで31位と、日本勢4番手まで上がってきました。

 勝率5割はちょっと生半可じゃないですね。すごいと思いますよ。ここ何年か、女子にはワーッと勝つ選手がいましたけど、8戦4勝っていうのはすごいですよね。これを何年も続けてできるように頑張ってほしいですよね。

 国内男子ツアーの「関西オープン」(4月22~25日、兵庫・有馬ロイヤルGC)ではプロ6年目の星野陸也(24)がツアー通算4勝目です。今年の初戦は予選落ちしてたから、ちょっと心配したんですけど、2戦目でああやって勝つってのは、自分の中での微調整がうまく利いたんでしょうかね。LINEで祝福したら、喜んでました。

 陸也の魅力は何といっても身長186センチというスケールの大きさです。クラブが長くなってきてるし、背の大きな選手のアドバンテージは世界的にも大きくなってきてるんで、彼みたいな選手が世界を目指して頑張ってくれるとうれしいですよね。飛距離も申し分ないですし。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい