仕事も癒やしも! 「Go To温泉」大浴場と作業向きデスクが魅力のホテルとは 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

仕事も癒やしも! 「Go To温泉」大浴場と作業向きデスクが魅力のホテルとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡瑛理週刊朝日
JR九州ホテル ブラッサム大分 (同社提供)

JR九州ホテル ブラッサム大分 (同社提供)

瀧澤信秋さん推薦 仕事&温泉ホテル一覧 (週刊朝日2020年10月30日号より)

瀧澤信秋さん推薦 仕事&温泉ホテル一覧 (週刊朝日2020年10月30日号より)

 コロナ禍をきっかけに、ホテルでテレワークする人が増えている。仕事がはかどり、疲れを温泉で癒やせる宿はあるのか。ホテル評論家・瀧澤信秋さんは「優勢なのはやはり全国チェーン」と話す。

【評論家推薦!仕事もはかどる温泉ホテル一覧はこちら】

 筆頭に名前が挙がったのが、山口県の「ドーミーインPREMIUM下関」。ドーミーインは81施設を運営し、業界でいち早く天然温泉に特化した大浴場を備えた。PREMIUMは高級ブランドに当たる。

「最上階の露天風呂から関門海峡を一望できるロケーションが魅力です」

 北海道では、ホテルマイステイズプレミア札幌パークを推薦するという。

「中島公園駅から徒歩2分という立地に加え、天然温泉なのが魅力。スタンダードツインルームのデスクは、幅174センチ×奥行き55センチとパソコン作業向き。チェアもクオリティーが高い」

 九州では、JR九州ホテルズが運営するブラッサム大分がお薦めだという。

「JR大分駅直結、地上80メートルの高さから市内を見渡せるシティスパはハイレベル。湯も天然温泉で、温泉県の実力を体感できます」

 温泉ではないが、大浴場付きでテレワーク向きの宿として瀧澤さんが薦めるのは、28店舗を持つベッセルホテル開発が展開するレフ大宮だ。

「今年9月にオープンしたばかりで、机が使いやすく、浴場のレベルも高い。地域色を打ち出した朝食ビュッフェも素晴らしい。大規模チェーンをよく研究し、それを超える仕事をしています」

 一部の部屋ではテレビ会議対応の40型テレビを備えており、HDMIケーブルの貸し出しも行う。支配人によれば、日帰りテレワークプランを利用する客も多いという。

■感染対策はしっかりと

 旅先では解放感から気持ちも緩みやすいが、新型コロナの感染対策にも十分気を付けたい。

 旅行業界で構成する旅行連絡会は、「新しい旅のエチケット」を作成。旅行者視点で、「移動」「食事」「宿泊」など状況別に注意点をまとめている。

 市内の宿泊施設の従業員らを対象として月に1度、PCR検査を実施すると発表したのが栃木県那須塩原市。実施費用は入湯税から賄うとして、税率引き上げを定めた条例が市議会で採択された。市商工観光課によれば、他の観光地同様に那須塩原市でも観光客減少のダメージは大きく、今年上半期の客数は前年度の約半分にとどまった。今回の入湯税引き上げには、他地域との差別化を図る狙いもあったという。

「最も大きな狙いは、誰もが安心・安全な観光体制の整備。今後とも各方面に丁寧に説明を行い、取り組みを推進していきたいと考えています」(担当者)

 気がつけば11月も目前。温泉にゆっくりつかりながら、新しい年の過ごし方を模索したい。(本誌・松岡瑛理)

週刊朝日  2020年10月30日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい