「激やせ」河井克行前法相 案里氏は変わらず「徹底抗戦」 あっと驚く検察の「隠し玉」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「激やせ」河井克行前法相 案里氏は変わらず「徹底抗戦」 あっと驚く検察の「隠し玉」

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之週刊朝日
河井克行被告(左)と妻の案里被告(C)朝日新聞社

河井克行被告(左)と妻の案里被告(C)朝日新聞社

まず、河井被告夫妻から現金を渡されたが拒絶したという3人の名前をあげ、供述調書をとっていることを明かした。また、克行被告からカネをもらった1人がICレコーダーでその時の模様を録音していたとして、その内容も証拠として提出してきた。

 また、克行被告がカネをバラまいた相手をパソコンでリスト化し、案里被告と共有していたが、昨年、週刊文春で疑惑が報じられた後、業者に依頼して消去したとも指摘した。検察の捜査で、消去されていないリストが「あんり参議院議員選挙19」というフォルダに残っていたこともわかり、印刷したリストを検察は押収しているという。

 さらに、案里被告が昨年12月、県議の一人に対して「カネはもらっていない」と口裏合わせをするように求める電話をしていたとも暴露した。

 公判中、克行被告は2、3回、案里被告の方に視線を向けていたが、2人が目を合わすことはなかった。

 裁判は今後、12月までに55回の公判予定が決まっており、証人は120人ほどにものぼるという。公職選挙法違反の規定上は起訴から100日以内の判決を目指す「百日裁判」の対象だが、あまりに多くの証人や証拠調べで、判決は年明けになる見込みだ。

(本誌・今西憲之)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい