コロナ“疑い”で病院からすぐに火葬場へ…顔さえ見られない葬儀の実態

新型コロナウイルス

2020/08/25 09:00

 新型コロナウイルスの感染者が増えている。新型コロナの疑いで死亡した場合、“疑い”だとしても最期にお別れさえできないという。コロナ禍で葬儀や火葬は、どのように行われているのか。実態について取材した。

あわせて読みたい

  • 葬式はなくなる? 通夜なし、式なしの「直葬」選ぶ時代に

    葬式はなくなる? 通夜なし、式なしの「直葬」選ぶ時代に

    週刊朝日

    2/11

    葬儀界から悲鳴…感染者かわからない「隠れコロナ」の恐怖

    葬儀界から悲鳴…感染者かわからない「隠れコロナ」の恐怖

    週刊朝日

    4/10

  • コロナ禍の終活でニーズ急増中 元火葬場職員の怪談師「下駄華緒」とは?

    コロナ禍の終活でニーズ急増中 元火葬場職員の怪談師「下駄華緒」とは?

    週刊朝日

    3/4

    葬儀費用の見積書大公開! 見積もりを頼む時の注意点は?

    葬儀費用の見積書大公開! 見積もりを頼む時の注意点は?

    dot.

    8/12

  • ドライブスルー焼香にオンライン葬儀も登場 新形態の裏に業界の危機感も

    ドライブスルー焼香にオンライン葬儀も登場 新形態の裏に業界の危機感も

    AERA

    3/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す