佳子さま「恋人できた説」の真相 「ステイホーム」続く皇室に衝撃?  〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

佳子さま「恋人できた説」の真相 「ステイホーム」続く皇室に衝撃? 

このエントリーをはてなブックマークに追加
永井貴子週刊朝日#皇室
「恋人」報道があった佳子さま(C)朝日新聞社

「恋人」報道があった佳子さま(C)朝日新聞社

 ウィズコロナで皇室もステイホームが続くなか、天皇や皇族方の姿は見えづらくなっている。そうしたなか、ネットをにぎわせているのが「秋篠宮家の次女、佳子さまに恋人登場」のニュースだ。

【写真記事】「かわいすぎるプリンセス」振袖&ドレス姿の佳子さまはこちら

 発端は6月末に配信された「デイリー新潮」の記事。<佳子さまに新しい男性の存在を感じるという声が聞こえてきています>と報じたのだ。 

 踏み込んだのは、「週刊女性」である。佳子さまは、2017年から9カ月間、英国のリーズ大学に留学していた。佳子さまが大学の食堂で日本人男性と親しそうに談笑する当時の写真を掲載しつつ、いまはこの理系大学出身のイケメン男性と真剣交際中で、眞子さまの結婚問題に結論が出たタイミングで、婚約の見通しだと書いた。

 さらに「女性セブン」も、英国留学時代に佳子さまが親しくしていたのは、短髪で清潔感のある、小室圭さん似の日本人男性、との新情報に触れた。

 佳子さまの交際相手といえば、過去にも「富士急ハイランド」などを運営する富士急行の御曹司の存在が注目されたが、うわさが先行し、実態はなかったようだ。

「新恋人」情報を宮内庁サイドが把握している様子はない。というのも、佳子さまが特定の男性と会っているような具体的な動きが漏れてこないのだという。

「皇室全体が外出を伴う公務を控えている現状で、外でデートをしようものなら相当目立ちます。ご両親の秋篠宮ご夫妻の時代とは違い、いまの恋人同士の連絡手段は、携帯やSNSですから、周囲が把握しづらいのは事実です」(皇室ジャーナリスト)

 交際報道の背景には、佳子さまが19年3月に国際基督教大学を卒業した後も総裁職や職業についていないことがある。結婚話が進んでいるからではないか、と臆測を呼んだのだ。佳子さまはいま25歳。姉の眞子さまと小室さんが婚約会見を行ったのも同じ年だけに、交際相手がいても不思議ではない。

 実りの季節となるか。

(本誌・永井貴子)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい