コロナで期待のアビガン 専門家が危険性を指摘 投与量はインフルエンザの倍

ヘルス

2020/07/18 09:00

 新型コロナウイルス感染症の初期症状は風邪やインフルエンザと区別がつかない。医師は試行錯誤しながらさまざまな既存の薬物の投与を試みてきた。その中で最も期待を集めたのが、新型インフルエンザ治療薬のアビガンだ。安倍晋三首相は早期の承認を目指していたが、厚生労働省が慎重姿勢を崩さず、見送りになっている。

あわせて読みたい

  • コロナ悪化の危険性も “生活習慣病”の治療薬に潜むリスク

    コロナ悪化の危険性も “生活習慣病”の治療薬に潜むリスク

    週刊朝日

    7/16

    コロナ感染とステロイド剤、解熱剤の関係 薬の変更を勧める場合とは?

    コロナ感染とステロイド剤、解熱剤の関係 薬の変更を勧める場合とは?

    週刊朝日

    7/17

  • 日本発「エボラに効く薬」は、日陰者扱いされた薬だった?

    日本発「エボラに効く薬」は、日陰者扱いされた薬だった?

    dot.

    10/23

    早期承認を求めてはいけない新型コロナ治療薬 医師が経験した心苦しい教訓とは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    早期承認を求めてはいけない新型コロナ治療薬 医師が経験した心苦しい教訓とは?

    dot.

    5/15

  • コロナ死亡率6分の1に低下報告も アビガン、アクテムラ…「日本発」4つの治療薬

    コロナ死亡率6分の1に低下報告も アビガン、アクテムラ…「日本発」4つの治療薬

    AERA

    5/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す