家族信託が相続対策で増加 株を“そのまま相続”のメリット

お金

2020/07/12 09:00

 コロナショック後、日本の株式市場には若い投資家が目立つようになったが、個人投資家の主役はやはり高齢者。70~80代でバリバリ投資を行う一方、将来の相続に備えて持ち株をどうすべきか悩んでいる人が多いという。そこで最新のサービスなどから、高齢投資家の有効な相続対策を探った。

あわせて読みたい

  • 親が認知症になると財産は凍結 認知症700万人時代の相続対策とは

    親が認知症になると財産は凍結 認知症700万人時代の相続対策とは

    AERA

    1/18

    遺産相続の落とし穴 知っておきたい「隠れ負債」って?

    遺産相続の落とし穴 知っておきたい「隠れ負債」って?

    週刊朝日

    2/23

  • 日本証券業協会会長「つみたてNISA 儲かる儲からないではない」

    日本証券業協会会長「つみたてNISA 儲かる儲からないではない」

    AERA

    10/6

    “争続”防止に節税効果も魅力 「不動産小口化商品」の仕組みを解説

    “争続”防止に節税効果も魅力 「不動産小口化商品」の仕組みを解説

    AERA

    8/20

  • コロナで変わった“遺産バトル” 財産激減に延滞税発生、うつ病発症も

    コロナで変わった“遺産バトル” 財産激減に延滞税発生、うつ病発症も

    週刊朝日

    11/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す