オノ・ヨーコ「私は殺されてますよ(笑)」ジョン・レノンとの私生活

林真理子

2020/05/28 11:30

林:東京の財閥のおうちに生まれて、普通だったら、お嬢さまとしての教育を受けて、いいところにお嫁に行くのが当たり前の時代に、アメリカの大学に入って、前衛芸術をされたのは、何がきっかけなんですか?

オノ:うちの教育が非常にクラシックだったから、それに対する反発でしょうね。

林:ニューヨークでいろいろ始めたときに、ニューヨークの人でさえびっくりするようなことを、おやりになったわけですよね。

オノ:そのときは他人から突拍子もないと思われていても、いまショーン(息子)に言わせると、そんなに前衛じゃないんですって。たとえばレコーディングで、これは少し激しすぎるかなと思うでしょ。そうするとショーンが、「ママはママらしくしていていいんだよ。いまはみんなわかるんだから」って言うの。

林:ジョン・レノンさんは、お嬢さまとして育ったオノさんの行動を見て、驚いたりしませんでした?

オノ:彼もけっこう旧式な考えを持っていたからね。朝起きて、彼がパッと新聞を取るでしょ。それがこっちはカチンとくるわけね。だって、新聞ってほかの人が読んだ後って気持ち悪いじゃない。「私はいつも先に読んでたのよ」って言うと、彼は「それじゃ、新聞を二つとろう。新聞なんて安いものだから」なんて言ってたけど、なんて女だと思ったんじゃないの?(笑)

林:芸術家同士のいろいろな葛藤があった生活だったんですね。

オノ:みんなそう思うらしいの。だけど、ジョンみたいな気の強い人とそういう間柄だったら、私は殺されてますよ(笑)。

林:とてもうまくいってたんですね。

林:今度、来日のご予定は?

オノ:ご予定はあんまりないの(笑)。私は予定っていうものがない女ですからね。*予定をつくっても、変わっちゃうでしょ。偶然のほうが、自分の計画なんかよりはるかに大切だと思っています。

林:導かれる……。

オノ:そう。あれこれ考えた意図だとか意思だとかは大したことないんですよ。私の人生、そんなものに左右されてたわけじゃないですからね。

週刊朝日  2020年6月5日号

1 2

あわせて読みたい

  • 樹木希林さんが最期に夫へ「これだけは言ってやりたい」と思っていたのは?

    樹木希林さんが最期に夫へ「これだけは言ってやりたい」と思っていたのは?

    週刊朝日

    5/5

    木村太郎は“元祖”帰国子女 英語堪能な姉は戦争に翻弄させられ

    木村太郎は“元祖”帰国子女 英語堪能な姉は戦争に翻弄させられ

    週刊朝日

    12/19

  • オノ・ヨーコと混同されたことも 恋多き作家・桐島洋子

    オノ・ヨーコと混同されたことも 恋多き作家・桐島洋子

    週刊朝日

    9/25

    稲垣吾郎に「テレビ局の“忖度”とかある?」と質問 答えは…

    稲垣吾郎に「テレビ局の“忖度”とかある?」と質問 答えは…

    週刊朝日

    2/26

  • 松本まりか「家はすき間風が寒くて(笑)。ブレーカーもすぐ落ちちゃう」

    松本まりか「家はすき間風が寒くて(笑)。ブレーカーもすぐ落ちちゃう」

    週刊朝日

    5/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す