障害児の母、野田聖子議員が疑問「なぜ国会は3密状態を続けるのか?」

2020/05/24 10:30

 障害児がいる家庭にとって、新型コロナウイルスは大きな脅威。衆院議員の野田聖子氏(59)もそう感じている一人だ。50歳の時に授かった息子の真輝君(9)は、医療機器がなければ生きられない医療的ケア児のため、毎日がハラハラだという。このコロナ禍の間、議員でもあり、障害児の母でもあるからこそ気がついた課題などを語った。

あわせて読みたい

  • 衆院議員・野田聖子が語る「障害児の息子がくれたもの」

    衆院議員・野田聖子が語る「障害児の息子がくれたもの」

    AERA

    11/5

    親が付き添わないと学校に行けない!医療的ケアが必要な子どもたちの現状

    親が付き添わないと学校に行けない!医療的ケアが必要な子どもたちの現状

    AERA

    1/26

  • 障害児の医療ケアを背負うのは9割が母親 保育園に通いたくても門前払い

    障害児の医療ケアを背負うのは9割が母親 保育園に通いたくても門前払い

    AERA

    10/23

    「通学したい!」障害児に立ちはだかる「付き添い」の壁 国が支援しても現場が動かない理由とは?

    「通学したい!」障害児に立ちはだかる「付き添い」の壁 国が支援しても現場が動かない理由とは?

    AERA

    2/6

  • 医ケア児の学校生活と保護者の負担減らすには 長女が前例ない「酸素導入」を実現するまで
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    医ケア児の学校生活と保護者の負担減らすには 長女が前例ない「酸素導入」を実現するまで

    AERA

    7/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す