氷川きよし「苦悩があっても、運命は自分で切り開ける」 その原点とは? (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

氷川きよし「苦悩があっても、運命は自分で切り開ける」 その原点とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
神舘和典週刊朝日
氷川きよし/ひかわ・きよし/歌手。福岡県出身。2000年に「箱根八里の半次郎」でデビューし、第42回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。06年に「一剣」で第48回日本レコード大賞を受賞。「きよしのズンドコ節」「白雲の城」などヒット曲多数。最新曲は「母」。6月にアルバム「Papillon(パピヨン)-ボヘミアン・ラプソディ-」をリリース。8月28日~9月27日、東京・明治座で座長公演。[COVER STAFF 撮影/渡辺達生、ヘアメイク/遠山雄也、スタイリング/伊藤典子(hoop)、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO]

氷川きよし/ひかわ・きよし/歌手。福岡県出身。2000年に「箱根八里の半次郎」でデビューし、第42回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。06年に「一剣」で第48回日本レコード大賞を受賞。「きよしのズンドコ節」「白雲の城」などヒット曲多数。最新曲は「母」。6月にアルバム「Papillon(パピヨン)-ボヘミアン・ラプソディ-」をリリース。8月28日~9月27日、東京・明治座で座長公演。[COVER STAFF 撮影/渡辺達生、ヘアメイク/遠山雄也、スタイリング/伊藤典子(hoop)、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO]

 2019年にデビュー20周年を迎え、今年キャリアの第二章をスタートした氷川きよしさん。新曲「母」に込めた母親への思い、ニューアルバム『Papillon(パピヨン)-ボヘミアン・ラプソディ-』で披露するニュー氷川きよしとは──。

【写真特集】氷川きよし“第二章”の幕開け

「なかにし礼先生からいただいた歌詞を見たとき、涙が溢れて、どうすることもできませんでした」

 氷川きよしの最新シングル曲のタイトルは「母」。3年前に作詞家、なかにし礼に委ねた歌詞が手もとに届くと、そこには見返りを求めない母親の愛、母親があってこその自分、感謝の気持ちが切々とつづられていた。2018年、明治座で行われた氷川きよし特別公演の楽屋でのことだった。

「2019年に、僕はデビュー20周年を迎えることができました。応援してくださるファンの皆さまのおかげ、そして、母のおかげです。こみ上げてくるものを抑えられませんでした」

 福岡出身の氷川は、18歳のときに歌手を目指して東京へ出てきた。

「22歳のデビューまでの3年半、福岡に帰ることもできない生活が続きました。僕は一人っ子です。母に楽をさせてあげたい。母を悲しませたくない。その思いで頑張りました。デビュー曲の『箱根八里の半次郎』には、会えない母親へ、すまねぇ、とわびる一節があります。そして“歌手・氷川きよし”としての二十歳(はたち)を迎えた最初の曲で、再び母への思いを歌うことができました。よかった。母は僕の原点ですから」

 レコーディング後に、電話を通して母親にも歌を聴いてもらった。

「最初叔母に聴かせたら、わんわん泣かれました。お母さんにも聴かせてあげなさい、と。母の苦労を近くでずっと見てきたからでしょう。ところが、母は意外と冷静で。僕と母は仲がよすぎて、しょっちゅう話をしていたからかもしれませんね。今も一日に3、4回電話をしています」

 氷川は、自分と母親とは「一卵性双生児のように似ている」という。

「母はきらきらした艶のあるものが好き。そして、若い人が大好き。僕とそっくりです。以前、母に財布をプレゼントしました。母は今67歳。シックなデザインを選んだら、好かん!と言われちゃった(笑)。それで、艶々したエナメルの財布をほしがるんですよ。僕もエナメルが好き。好みが同じで、二人で笑い合いました。コンサート会場のバックヤードでは、母はいつも若手のスタッフとしゃべっています。若い人といると元気でる!って」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい