コロナ禍直撃の大規模握手会 AKBや坂道、接触文化消滅か (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

コロナ禍直撃の大規模握手会 AKBや坂道、接触文化消滅か

このエントリーをはてなブックマークに追加
太田サトル週刊朝日#新型コロナウイルス
第69回NHK紅白歌合戦で、「帰り道は遠回りしたくなる」を披露した乃木坂46=2018年12月31日 (c)朝日新聞社

第69回NHK紅白歌合戦で、「帰り道は遠回りしたくなる」を披露した乃木坂46=2018年12月31日 (c)朝日新聞社

 新型コロナウイルスの影響がエンタメ界にも及ぶ中、注目されているのはAKB48、SKE48などの“48グループ”や乃木坂46、欅坂46などの“坂道シリーズ”といった、秋元康氏プロデュースの大人数アイドルグループの握手会の行方だ。

「AKBや坂道系のグループは、ファンがCDを購入することで参加できる巨大握手会の開催によって連続してミリオンを生み出す。そんな構造が10年以上続けられてきました」

 とアイドル評論家の中森明夫さんが解説する。しかし、その大規模握手会が、大きなネックとなってしまっている。

「握手会は巨大な会場で開かれ、万単位のファンが訪れます。『密』を避けるためには、現実的に開催は当面無理です。たとえばAKB48の握手会は、現時点ですでに何回分かが延期になっていますが、いつ再開できるかわからない状態です。この先、新しいCDを出すこともままならないことになってしまいます」

 中森さんは、コロナ後のアイドルビジネスは会えて握手ができてお話ができてというスタイルから、

「大きく変わらざるを得ないのではないか。仮にコロナが終息したとしても、新たなウイルスの脅威もあり、完全に元に戻るのは難しいかもしれない」

 と言う。中森さんは現在導入されている例を挙げる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい