五輪招致のフィクサーだった? 「9億円ロビー活動疑惑」元電通専務の素顔

2020/04/11 08:00

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて東京五輪・パラリンピックの1年延期が決まったのもつかの間、招致をめぐる疑惑が浮上した。大会組織委員会理事で元電通専務の高橋治之氏が、大会招致委員会から約9億円の資金を受け取ってロビー活動をしていたと、ロイター通信が3月末に報じた。

あわせて読みたい

  • 【東京五輪賄賂疑惑】「1票10万ドルで20票が集められ、成功報酬は約2億3千万円」IOC関係者

    【東京五輪賄賂疑惑】「1票10万ドルで20票が集められ、成功報酬は約2億3千万円」IOC関係者

    週刊朝日

    1/15

    五輪招致めぐる「コンサル料」問題 背景にJOCの“内弁慶”

    五輪招致めぐる「コンサル料」問題 背景にJOCの“内弁慶”

    AERA

    5/24

  • JOC幹部が電車に飛び込み死亡 東京五輪を巡って繰り返される悲劇 

    JOC幹部が電車に飛び込み死亡 東京五輪を巡って繰り返される悲劇 

    dot.

    6/8

    招致“ワイロ”や帳簿廃棄…竹田前JOC会長が疑惑調査の皮肉【長野五輪調査報告書・後編】

    招致“ワイロ”や帳簿廃棄…竹田前JOC会長が疑惑調査の皮肉【長野五輪調査報告書・後編】

    dot.

    6/15

  • 運命の日は9月7日 五輪招致レースは水面下のロビー活動へ

    運命の日は9月7日 五輪招致レースは水面下のロビー活動へ

    週刊朝日

    7/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す