五輪招致のフィクサーだった? 「9億円ロビー活動疑惑」元電通専務の素顔

2020/04/11 08:00

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて東京五輪・パラリンピックの1年延期が決まったのもつかの間、招致をめぐる疑惑が浮上した。大会組織委員会理事で元電通専務の高橋治之氏が、大会招致委員会から約9億円の資金を受け取ってロビー活動をしていたと、ロイター通信が3月末に報じた。

あわせて読みたい

  • 誰のため、何のための東京五輪だったのか 白井聡×望月衣塑子「五輪汚職」対談

    誰のため、何のための東京五輪だったのか 白井聡×望月衣塑子「五輪汚職」対談

    AERA

    10/2

    五輪汚職の捜査が終結 高橋元理事起用の原点となった議事録入手

    五輪汚職の捜査が終結 高橋元理事起用の原点となった議事録入手

    週刊朝日

    11/13

  • 五輪組織委・高橋元理事は「電通の社内で“神様”」 逮捕直前の取材に容疑否定、徹底抗戦か

    五輪組織委・高橋元理事は「電通の社内で“神様”」 逮捕直前の取材に容疑否定、徹底抗戦か

    dot.

    8/19

    【東京五輪賄賂疑惑】「1票10万ドルで20票が集められ、成功報酬は約2億3千万円」IOC関係者

    【東京五輪賄賂疑惑】「1票10万ドルで20票が集められ、成功報酬は約2億3千万円」IOC関係者

    週刊朝日

    1/15

  • 五輪招致めぐる「コンサル料」問題 背景にJOCの“内弁慶”

    五輪招致めぐる「コンサル料」問題 背景にJOCの“内弁慶”

    AERA

    5/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す