移住は安くて便利な「県庁所在地」が狙い目! 生活費最安は“あの観光都市”

2020/02/09 17:00

 都会から移り住むにはどこがいいか。憧れる田舎ランキングで北海道や長野はいつも上位だが、誰もが農漁村で自給自足の生活をできるわけではない。東京のように便利でありながら自然にも恵まれ、生活費が安いところがいい。県庁所在地別の生活費ランキングを一挙公開する。

あわせて読みたい

  • 「退職したら地方に」専門家おすすめの「生活水準下げない」工夫

    「退職したら地方に」専門家おすすめの「生活水準下げない」工夫

    週刊朝日

    7/7

    “60歳以降の住まい”の不安を解消するウルトラCとは?

    “60歳以降の住まい”の不安を解消するウルトラCとは?

    AERA

    2/24

  • “普通の暮らし”には「時給1500円」が必要? 都市でも田舎でも生活費が変わらない理由

    “普通の暮らし”には「時給1500円」が必要? 都市でも田舎でも生活費が変わらない理由

    AERA

    10/30

    JR特急が停車しない、那覇以外の唯一の県庁所在地はどこか?

    JR特急が停車しない、那覇以外の唯一の県庁所在地はどこか?

    ダイヤモンド・オンライン

    9/22

  • コロナ時代の移住先ランキング近畿ツートップは“無名の町” 中部2位にはリニア駅候補地が

    コロナ時代の移住先ランキング近畿ツートップは“無名の町” 中部2位にはリニア駅候補地が

    AERA

    8/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す