ラグビー、アメフト、ボクシング…接触型スポーツと脳疾患発症リスク

ヘルス

2020/02/03 11:30

 ラグビーW杯日本大会の影響で、ラグビー熱も高まっている。ただ、気をつけてほしい。激しく接触するスポーツは、脳振盪が原因で脳疾患を発症するリスクもある。今はケアも進んでおり、過度に恐れる必要はないが、過去の脳振盪(しんとう)の影響が数十年後に出るケースもあるという。

あわせて読みたい

  • 「ヘディング1回で脳細胞10個減る」は冗談ではなかった! 最新研究が示す脳へのこれだけのダメージ
    筆者の顔写真

    松本秀男

    「ヘディング1回で脳細胞10個減る」は冗談ではなかった! 最新研究が示す脳へのこれだけのダメージ

    dot.

    6/22

    ラグビーの試合中に「脳しんとう」 スポーツ医が危険を見極めるビデオ判定システムとは?
    筆者の顔写真

    松本秀男

    ラグビーの試合中に「脳しんとう」 スポーツ医が危険を見極めるビデオ判定システムとは?

    dot.

    9/23

  • めざせ!五郎丸 ラグビー日本代表に我が子を「育てる方法」

    めざせ!五郎丸 ラグビー日本代表に我が子を「育てる方法」

    dot.

    10/3

    「認知症」に効果がある漢方薬とは? 幻覚、妄想への有効性、研究進む

    「認知症」に効果がある漢方薬とは? 幻覚、妄想への有効性、研究進む

    週刊朝日

    4/10

  • 医師の反対を押し切ってプレーを続けるスポーツ選手 「ドクターストップ」はどこまで強制力がある?
    筆者の顔写真

    松本秀男

    医師の反対を押し切ってプレーを続けるスポーツ選手 「ドクターストップ」はどこまで強制力がある?

    dot.

    2/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す