今年のゴルフ界はどうなる? 丸山茂樹・日本代表ヘッドコーチが語る (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今年のゴルフ界はどうなる? 丸山茂樹・日本代表ヘッドコーチが語る

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

みんなでゴルフで盛り上がりました! (事務所提供)

みんなでゴルフで盛り上がりました! (事務所提供)

 丸山茂樹氏は、東京五輪のゴルフ日本代表ヘッドコーチとして2020年のゴルフ界を語る。

【この記事の写真をもっと見る】

*  *  *
 週刊朝日の読者のみなさん、あけましておめでとうございます! 今年もいろんな発信をしていきたいと思ってますので、どうぞよろしくお願い致します。

 いよいよオリンピックイヤーがやってきました。僕は東京オリンピックのゴルフ日本代表ヘッドコーチとして、このビッグイベントに関わらせてもらいます。何ができるんだと言われると、とくにできることもないんですけど、誰もが注目する舞台に参加できるってことは非常にありがたいので、頑張りますよ。

 自分が出る訳でもないんですけど、やっぱり東京オリンピックって日本のみなさんにとって大きなメモリーになるのは間違いありません。ある意味、ゴルフ界にとって飛躍の年になればいいと思います。

 自国開催なので、何とかメダルをとは思ってます。でも手助けしてあげられることがほぼ何もないので、選手が好調なのを祈るばかりです。あとはゴルフ場ですね。実際の試合でどんなセッティングになるかは分かりませんけど、視察ができる期間内に行って、選手の質問には答えられるようにしておきたいですね。

 僕自身のことを言うと、実は去年の11月にプライベートでゴルフをしてたときに、左肩を痛めまして。腱(けん)が断裂してしまったんです。内視鏡で手術すると数カ月間固定しないといけないというので、地道にリハビリで治す道を選びました。来シーズンの試合出場は白紙状態です。一からやるしかないですね。いろんな方法を探して、少しでもよくなるように頑張りますよ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい