第三次世界大戦が現実に!? 米VSイランの深刻度

2020/01/05 21:20

 日本では正月気分も抜けきれないなか、世界では緊張が高まっている。米軍がイランの重要人物を殺害し、米国とイランの戦争の現実味が増しているのだ。「第三次世界大戦」のような大規模戦争につながりかねないとの懸念もあり、2020年はきな臭い幕開けとなった。

あわせて読みたい

  • 「第3次大戦は起きない」米国とイランの対立を田岡俊次が分析

    「第3次大戦は起きない」米国とイランの対立を田岡俊次が分析

    AERA

    1/11

    姜尚中「イランと米国の緊張状態は『出来レース』だった可能性がある」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中「イランと米国の緊張状態は『出来レース』だった可能性がある」

    AERA

    1/22

  • 米イラン衝突回避も「第三次世界大戦」リスクが消えないワケ

    米イラン衝突回避も「第三次世界大戦」リスクが消えないワケ

    週刊朝日

    1/16

    米イラン対立で日本への影響は? 懸念される“三重苦”とは

    米イラン対立で日本への影響は? 懸念される“三重苦”とは

    週刊朝日

    1/16

  • 田原総一朗「複雑な米イラン対立 論議なき自衛隊派遣は問題だ」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「複雑な米イラン対立 論議なき自衛隊派遣は問題だ」

    週刊朝日

    1/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す