作家・下重暁子が、NHK時代に仕事以外でプロデューサーに頼みこんで会った人との思い出 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

作家・下重暁子が、NHK時代に仕事以外でプロデューサーに頼みこんで会った人との思い出

連載「ときめきは前ぶれもなく」

下重暁子週刊朝日#下重暁子
下重暁子(しもじゅう・あきこ)/作家。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。主な著書に『家族という病』『極上の孤独』『年齢は捨てなさい』ほか多数

下重暁子(しもじゅう・あきこ)/作家。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。主な著書に『家族という病』『極上の孤独』『年齢は捨てなさい』ほか多数

※写真はイメージです (Getty Images)

※写真はイメージです (Getty Images)

 真紅のバラの花束を手にしたカラヤンが入って来た。

 野際さんと私が横に並んで出迎えると、ふと歩みを止め、バラの花束から二本抜きとって、野際さんと私の胸に。

 こんなキザなことがぴったり似合う人は滅多にいない。

 私達は何が起きたのかさえわからずポーッとして彼の後姿を見送っていた。

 その後アンコールに応え、美しい新妻の元へ近寄っていくのを見送った。

 その後どうやって寮までもどったのか。

 それよりも、その時、カラヤンの振った曲は何だったのか全く憶えていない。

 名古屋の独身寮の三階、四帖半の窓辺の机の上に、真紅のバラは枯れてもまだ花弁の朽ちるまで飾られていた。

 後年ザルツブルクのカラヤン記念館で、ぎっしり積み上げられた楽譜の中に一九五九年のものを見つけた。

 いったいあの時の曲は何だったのだろう。

 床に愛用の自転車が一台。これに乗って練習場やホールへ通ったという。

週刊朝日  2020年1月3‐10日合併号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

下重暁子

下重暁子(しもじゅう・あきこ)/作家。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。主な著書に『家族という病』『極上の孤独』『人間の品性』ほか多数

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい