「秘書が香典を持っていくのは当たり前」 菅原前経産相の元秘書が明かすパワハラ疑惑 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「秘書が香典を持っていくのは当たり前」 菅原前経産相の元秘書が明かすパワハラ疑惑

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之週刊朝日
辞任に追い込まれた菅原一秀前経済産業相(C)朝日新聞社

辞任に追い込まれた菅原一秀前経済産業相(C)朝日新聞社

「その時、違反なら持って行かない方がいいのではないかと言ったのですが、『うちの秘書は代議士の召使いのようなもんだ。言うことは絶対で逆らえない。違反だろうが、捕まろうが、言うこと聞くしかない』と言われました。確かにその通りの事務所でした」

 他の自民党議員事務所で男性がインターンをしていた時の雰囲気は違ったという。

「議員に秘書がいろいろ相談、アドバイスしたりしていた。それが普通だと思っていた。けど、菅原氏は地元事務所や議員会館で秘書に『おい、どうなっているんだ』と一方的に怒鳴るばかり。秘書は一方的に指示されたことをやるのが仕事でした。まさに召使いでしたね」(同前)

 菅原氏ことを“暴君”と呼び、秘書は“ポチ”と言っていた後援者もいたそうだ。

「機嫌が悪いと、菅原氏は秘書を叩いたり、小突いたりしていたのを何度も見ました。私も街頭演説の場所取りで、段取りが悪いと激怒され、車の中で雑誌や新聞で頭をはたかれました。とても国会議員とは思えないですよ。だから、秘書の入れ替わりも激しい。私は嫌気がさして1年もしないうちにやめました」(同前)

 菅原氏の辞任は身から出た錆だったのかもしれない。(今西憲之)



※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい