徳仁天皇の愛称は“じい” 素顔と帝王教育の実態

皇室

2019/10/29 07:00

 天皇にふさわしい英知と徳を身につける「帝王学」とは、どのようなものなのだろう。徳仁天皇は、小学生で論語を学び、和歌を親しい友人に贈る少年期であった。一流の学者を招いて学びの場を作った上皇ご夫妻は、令和の天皇にどのような未来を託したのだろうか。

あわせて読みたい

  • 天皇皇后両陛下のキューピット役が明かす「テニスコートの恋」と正田家への電話大作戦

    天皇皇后両陛下のキューピット役が明かす「テニスコートの恋」と正田家への電話大作戦

    週刊朝日

    4/28

    「愛子さまのお気に入りは子どもの頃から変わらない」天皇一家の追っかけ主婦が語る激写20年

    「愛子さまのお気に入りは子どもの頃から変わらない」天皇一家の追っかけ主婦が語る激写20年

    dot.

    12/5

  • 愛子さまが担う“将来と決意” 黒田清子さんとの共通点は「控えめな星が好き」

    愛子さまが担う“将来と決意” 黒田清子さんとの共通点は「控えめな星が好き」

    週刊朝日

    1/1

    「国民の中に入っていく皇室」の意図は? 次世代の思いを読み解く

    「国民の中に入っていく皇室」の意図は? 次世代の思いを読み解く

    AERA

    1/9

  • 愛子さまと雅子さまの髪形には意味があった? “お揃いヘア”卒業に見た2人の「強さ」

    愛子さまと雅子さまの髪形には意味があった? “お揃いヘア”卒業に見た2人の「強さ」

    AERA

    12/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す