自殺願望者募り、窒息系のプレーも? 池袋ホテル女性殺害の真相 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

自殺願望者募り、窒息系のプレーも? 池袋ホテル女性殺害の真相

このエントリーをはてなブックマークに追加
今井良週刊朝日
逮捕後に移送される北島瑞樹容疑者=9月18日(C)朝日新聞社

逮捕後に移送される北島瑞樹容疑者=9月18日(C)朝日新聞社

 東京・池袋のホテルで女性が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された大東文化大4年の北島瑞樹容疑者(22)=埼玉県入間市豊岡5丁目=が、ツイッターで自殺希望者を募るような投稿をしていたことが判明した。「手伝う」などと書き込んでいたという。

 捜査関係者によると、死亡した無職女性(36)=東京都江東区=とは、

「8月ごろからツイッターで連絡を取り始め、事件当日に初めて会った」

 と供述しており、

「女性から殺害を頼まれた」

 という趣旨の話をしているという。

 2人の間でやりとりされたメッセージは、どちらの携帯電話からも削除されていた。

 さらに北島容疑者が事件前、都内の量販店でひもやポリ袋を購入していたことが明らかになった。荒木さんの遺体は布団圧縮袋のような大型のポリ袋にひざを抱えた状態で入れられ、両足首はビニール製の白いひもで縛られており、警視庁池袋署捜査本部では事前に準備してホテルに持参したとみている。

 ホテルの防犯カメラには12日午後3時40分頃、キャリーケースを持った北島容疑者が1人で入室し、約2時間後の午後5時半過ぎに荒木さんが同じ部屋に入る様子が映っていた。そして午後7時40分頃に北島容疑者だけが部屋から立ち去り、キャリーケースを引いてJR池袋駅に徒歩で向かっていた。

 荒木さんは事件の当日の午後3時頃、同居する両親に「病院に行く」と告げて家を出たまま行方がわからなくなっていた。

 北島容疑者は大学で演劇サークルに所属。主演や脚本などを手掛けることもあった。

 大学は19日、ホームページで、

「ご遺族の方にお悔やみ申し上げますとともに、みなさまにご心配とご迷惑をおかけしますことをおわび申し上げます」

 とのコメントを発表した。

 荒木さんは発見時、着衣を身につけた状態だったという。捜査関係者は当時の状況をこう見立てる。

「窒息系と呼ばれるSMプレーの果てだろう。この種の行為では首を絞めるのが有名だが、酸欠状態で性行為を行うと快感が高まるという。SNSで知り合い自殺希望があった被害者に懇願され犯行に及んだ可能性がある」

 演劇関係者によれば、北島容疑者は「いじられるタイプ」だったという。北島容疑者の心の闇は深い。(本誌・今井良)


※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい