ポップな音楽展開に注目 テイラー・スウィフト『ラヴァー』 より幅広い層に響く (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ポップな音楽展開に注目 テイラー・スウィフト『ラヴァー』 より幅広い層に響く

連載「知新音故」

このエントリーをはてなブックマークに追加
小倉エージ週刊朝日#小倉エージ
●テイラー・スウィフト『ラヴァー』 ジャパン・スペシャル・エディション(初回生産限定盤 CD+DVD、7インチサイズの紙ジャケット仕様) ユニバーサル UICU-9099
●同 通常盤(CDのみ) 同 UICU-1311

●テイラー・スウィフト『ラヴァー』 ジャパン・スペシャル・エディション(初回生産限定盤 CD+DVD、7インチサイズの紙ジャケット仕様) ユニバーサル UICU-9099 ●同 通常盤(CDのみ) 同 UICU-1311

 テイラーはカントリー畑の出身だが、プログラミングによるシンセ・サウンドなどにも積極的に取り組んできた。前作『レピュテーション』は、エレクトロ・ポップ、ファンク、ヒップ・ホップ的な要素を積極的に取り入れ、かつてのカントリー系のシンガー・ソングライターとしてのイメージを打ち破った。

 今回の『ラヴァー』はポップス的な要素が目立つ。表題曲「ラヴァー」はその最たるものとして挙げられる。3連のロッカ・バラードで、ドラムス以外、ギター、ストリングスは控えめ。テイラーの歌とコーラスに焦点があてられている。曲調自体、フォークやカントリーでのストーリー・テリング的な曲に通じるものがある。

 その歌詞は彼女の現在のパートナーであるジョー・アルウィンとのことが背景にあるとされ、結婚式をにおわせるエピソードが織り込まれていたことから、二人は結婚するのかと話題になった。

 ディクシー・チックスとの共演による「スーン・ユール・ゲット・ベター」は、がんで闘病中の母親に捧げた曲だ。願いを込めるような歌い方が印象深い。もう一曲、聴き逃せないのが、過去を振り返り“あなた”との出会いに“陽の光が見えてきた”と歌われる「デイライト」。

 本作に収録された曲から、怒りなどむき出しの感情を含め率直な歌詞表現など、誠実さがくみ取れる。ポップな音楽展開とあわせ、より幅広いファン層に親しまれるに違いない。(音楽評論家・小倉エージ)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

小倉エージ

小倉エージ(おぐら・えーじ)/1946年、神戸市生まれ。音楽評論家。洋邦問わずポピュラーミュージックに詳しい。69年URCレコードに勤務。音楽雑誌「ニュー・ミュージック・マガジン(現・ミュージックマガジン)」の創刊にも携わった。文化庁の芸術祭、芸術選奨の審査員を担当

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい