大阪までの電車賃を稼ぐため麻雀勝負! 作家・黒川博行vs.藤原伊織の結果は? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大阪までの電車賃を稼ぐため麻雀勝負! 作家・黒川博行vs.藤原伊織の結果は?

連載「出たとこ勝負」

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒川博行週刊朝日#黒川博行
黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/1949年生まれ、大阪府在住。86年に「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞、2014年に『破門』で直木賞。放し飼いにしているオカメインコのマキをこよなく愛する (写真=朝日新聞社)

黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/1949年生まれ、大阪府在住。86年に「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞、2014年に『破門』で直木賞。放し飼いにしているオカメインコのマキをこよなく愛する (写真=朝日新聞社)

※写真はイメージです (Getty Images)

※写真はイメージです (Getty Images)

 金を持たずに東京へ行ったこともある。もう十五年ほど前、なにかの文学賞の贈賞パーティーだった。

 その日は家から新大阪駅まで、よめはんに車で送ってもらった。駅に入ってポケットから乗車券を出したが、金がない。カード入れもない。よめはんを呼びもどすための携帯もない。そう、ズボンを替えたことを忘れていた。しゃあない、なんとかなるやろ、と電車に乗った。

 有楽町から帝国ホテルまで歩いた。宴会場に入り、眼が合ったのが、我が友、藤原伊織だった。

「いおりん、金貸して」事情を話した──。

「一銭も持たずに東京へ来る人間も珍しい」と、いおりんは褒めてくれたが、金を借りるのはあとにした。

 実は、いおりんとはその夜、麻雀をする約束だった。勝てば帰りの電車賃を稼げるし、負けたら三万円ほど現金を借りて、あとは振り込めばいい。なんともお気楽なものだ。

“鉄砲”(金を持たずに賭け事をすること)とは強いもので、麻雀は大勝ちした。いおりんから電車賃をいただいて、「大阪までタクシーで帰ろかな」と大口を叩き、それで恨みを買ったのか、その翌月に大阪南部を襲った台風で、エアコンの室外機がガレージに駐めていた車に落下してリアウインドーにめり込み、タイヤはパンク、燃料タンクからガソリンが漏れ出した。

 あの平成16年の台風23号で廃車になった車を、わたしはしばらく『いおりん号』と呼んでいた。

週刊朝日  2019年9月6日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

黒川博行

黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/1949年生まれ、大阪府在住。86年に「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞、2014年に『破門』で直木賞。放し飼いにしているオカメインコのマキをこよなく愛する

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい