藤山直美が語った父・寛美の言葉「芝居は人間性」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

藤山直美が語った父・寛美の言葉「芝居は人間性」

連載「RADIO PA PA」

このエントリーをはてなブックマークに追加
延江浩週刊朝日#延江浩
延江浩(のぶえ・ひろし)/1958年、東京都生まれ。慶大卒。TFM「村上RADIO」ゼネラルプロデューサー。国文学研究資料館・文化庁共催「ないじぇる芸術共創ラボ」委員。小説現代新人賞、ABU(アジア太平洋放送連合)賞ドキュメンタリー部門グランプリ、日本放送文化大賞グランプリ、ギャラクシー大賞など受賞

延江浩(のぶえ・ひろし)/1958年、東京都生まれ。慶大卒。TFM「村上RADIO」ゼネラルプロデューサー。国文学研究資料館・文化庁共催「ないじぇる芸術共創ラボ」委員。小説現代新人賞、ABU(アジア太平洋放送連合)賞ドキュメンタリー部門グランプリ、日本放送文化大賞グランプリ、ギャラクシー大賞など受賞

藤山直美さん

藤山直美さん

「気分ですね。お客さんとの気分のやりとりで舞台は成り立つ。だから毎日違う、生ものなんです」

 番組で藤山さんは矢沢永吉の「アンジェリーナ」をリクエストした。

「ええわぁ、この曲、なんど聴いてもうっとり」

 闘病中に励まされたとため息をつきながら、

「青空を思い浮かべながら聴いていました」

 家族を無垢に愛する心を演じたいという藤山さんには、来年「藤山寛美歿後三十年喜劇特別公演」が控えている(大阪松竹座)。

「父の寛美は密度の濃い人生を送った人でした。でも家では普通のおっちゃんでしたよ。ステテコ姿で居間の電球を替えてくれたり(笑)」

 男は世間での顔が命だから、外では違う顔なんだと友達に教えられたという。

 藤山さんはお父さんと一緒に舞台に立つことはほとんどなかった。

「あなた(直美さん)が私と舞台に立つと共演者もスタッフも気を遣うでしょ」と周りに気を配った父だった。娘に「芝居は、最後は人間性やで」と諭していた。

「芝居は人間性。これは一生の課題ですね。難しい。でも、身近なことでもあるのかなって思うんです」

 藤山さんはお父さんの言葉を味わいながら、思い出話を披露してくれた。

「父は頭を下げる角度が誰に対しても同じだった。損得では動かなかった。『ええか、主語は相手、自分はあくまで述語やで』と私に教えてくれた父でした」

週刊朝日  2019年8月30日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

延江浩

延江浩(のぶえ・ひろし)/1958年、東京都生まれ。慶大卒。TFM「村上RADIO」ゼネラルプロデューサー。国文学研究資料館・文化庁共催「ないじぇる芸術共創ラボ」委員。小説現代新人賞、ABU(アジア太平洋放送連合)賞ドキュメンタリー部門グランプリ、日本放送文化大賞グランプリ、ギャラクシー大賞など受賞

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい