ミッツ・マングローブ「ジャニーさん。主観と魔法と日本人魂」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「ジャニーさん。主観と魔法と日本人魂」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブ週刊朝日#ミッツ・マングローブ
ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ジャニーズ事務所 (撮影/田中将介)

ジャニーズ事務所 (撮影/田中将介)

 ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、「ジャニー喜多川さん」を取り上げる。

*  *  *
 トシちゃんやマッチの時代から数えてみても、実に40年近くにわたり、私はジャニーズの音楽と男たちに魅了されてきました。ジャニーズがすごいのは、「ジャニー喜多川」たったひとりの人間の感覚と流儀のもとにずっと成り立ち続けているところです。ほぼすべてのジャニーズタレントは、まず「ジャニーさんの目に留まるか否か」から始まると言われています。要するにジャニーズ事務所は、ジャニー氏の瞬発的な主観の産物なのです。本来、主観ほど頼りにならないものはありません。しかしジャニー氏のそれは、あらゆる客観性を含んだ上に、女性にも男性にも偏らない独自の嗅覚と自信に溢れていました。そして世間の多くが、そんな(ひとりよがりではない)主観(ヴィジョン)に影響を受け、共鳴し続けた結果、これほどまで磐石かつ多彩な芸能王国は築かれたのです。

 才覚にマニュアルは存在しません。それでも長い間ファンをやっていると、そのこだわりが少しだけ解ったような気になってくるもの。私がもっとも影響され共鳴したのは、少年像に対する揺るぎない理想(ファンタジー)です。楽曲に込められた彼の美意識に、何度胸をえぐられたことか。光GENJIの『ガラスの十代』、KinKi Kidsの『硝子の少年』、NEWSの『紅く燃ゆる太陽』、タッキーの『キ・セ・キ』(名曲!)など、ジャニー氏が描き出す少年像には常に定番の脆さと臆病さがある。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい