京アニ放火殺人 ”鬼畜男”の素顔 家賃滞納、悪臭、そしてコンビニ強盗 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

京アニ放火殺人 ”鬼畜男”の素顔 家賃滞納、悪臭、そしてコンビニ強盗

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩下明日香、上田耕司、亀井洋志、羽富宏文/今西憲之週刊朝日
京アニの建物内部。焼け焦げたらせん階段(撮影/今西憲之)

京アニの建物内部。焼け焦げたらせん階段(撮影/今西憲之)

第1スタジオの近くには供えられた花が山のようになっていた(C)朝日新聞社

第1スタジオの近くには供えられた花が山のようになっていた(C)朝日新聞社

中学生時代の青葉真司容疑者

中学生時代の青葉真司容疑者

 アニメ界の多くの至宝が失われた──。

 平成以降、最悪のテロとなった「京アニ放火殺人」。海外からも評価の高い日本のアニメ界の悲劇は、世界でも大きく報じられた。理不尽にも命を奪われた犠牲者を悼み、現場には多くの人が訪れている。容疑者にどんな動機があろうとも、絶対に許されない。

【青葉真司容疑者の中学生時代の写真はこちら】

 41歳の男による惨劇は、もはや鬼畜の所業というほかない。

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション(京アニ)」のスタジオ入り口に、青葉真司容疑者が侵入したのは7月18日午前10時半ごろである。

「死ね!」

 青葉容疑者がそう叫びながらガソリンを1階にまき、ライターで火をつけると、瞬く間に炎が燃え広がり、スタジオの鉄筋コンクリート造り3階建てビルは火炎に包まれた。

 その後の惨状は報道されているとおり、20日までに34人の死亡が確認され、重軽傷者は30人を超えた。

 近隣住人の一人は唇を震わせてこう言った。

「もう地獄を見ているのかと思った……」

 この惨劇を引き起こした青葉容疑者とは何者なのか。19日にあった京都府警の会見によると、全身にやけどを負い、病院に搬送された青葉容疑者は、「麻酔で眠っている状態」で意識がないという。警察も詳しい話を聴けていないといい、「住所・職業不詳」という以外、本人の情報はほとんど出ていない。

 息子が青葉容疑者と一時期、同じ埼玉県内の中学校に通っていたという夫婦はこう話す。

「わかっているのは、(青葉容疑者は)地元の小学校を卒業後、地元の公立中学校へ行きました。そこからどこかへ転校されているようです。息子は同じ中学校に入って卒業しているけど、(青葉容疑者のことは)『全く記憶にない』と話していました」

 その後の青葉容疑者の詳しい経歴はわからないが、この男が数年前に、特異な行動を起こしていたことがわかった。

 青葉容疑者は過去に、茨城県内の雇用促進住宅に住んでいたことがある。低い賃金の非正規労働者や無職の人たち向けの低家賃の住宅だ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい