池江選手の白血病公表で増えたドナー登録  一方で提供を断る例が多い現実

がん

2019/07/12 10:30

 競泳の池江璃花子選手(19)が今年2月に白血病を公表したことで急増した「骨髄バンク」へのドナー登録。日本骨髄バンクによると、2月の月間登録者は前月よりも約9千人多い1万1662人。その後も登録者は増えている。

あわせて読みたい

  • 池江璃花子選手白血病 “急性リンパ性”なら小児型治療で7割根治も

    池江璃花子選手白血病 “急性リンパ性”なら小児型治療で7割根治も

    AERA

    2/16

    “長い沈黙”の池江璃花子選手に…地元が掲げる応援の千羽鶴4万羽

    “長い沈黙”の池江璃花子選手に…地元が掲げる応援の千羽鶴4万羽

    週刊朝日

    5/10

  • がん「告知」と「治療」で究極的に大事なこととは? 65歳白血病と26歳精巣腫瘍の「がん対談」

    がん「告知」と「治療」で究極的に大事なこととは? 65歳白血病と26歳精巣腫瘍の「がん対談」

    dot.

    12/7

    小児がんにも有効な「ミニ移植」とは?

    小児がんにも有効な「ミニ移植」とは?

    週刊朝日

    3/30

  • 夏目雅子、本田美奈子、団十郎…白血病が奪った美貌と才能

    夏目雅子、本田美奈子、団十郎…白血病が奪った美貌と才能

    dot.

    9/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す