6、7、8月の株主優待、注目銘柄は? “カリスマ優待主婦”が厳選 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

6、7、8月の株主優待、注目銘柄は? “カリスマ優待主婦”が厳選

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
6~8月の株主優待権利取りの留意点 (週刊朝日2019年5月24日号より)

6~8月の株主優待権利取りの留意点 (週刊朝日2019年5月24日号より)

6~8月権利確定の株主優待銘柄 (週刊朝日2019年5月24日号より)

6~8月権利確定の株主優待銘柄 (週刊朝日2019年5月24日号より)

 3月期企業の決算発表がほぼ終了し、企業収益の方向性も見えてきた。株式市場もお休みだった超大型連休も終わり、投資のタイミングとしてはグッドだ。6、7、8月の株主優待は外食チェーンなどで使えるものが多く、お財布にもやさしい。令和元年相場で注目できる株主優待銘柄に焦点をあてた。メディアストラ代表の天野秀夫氏がリポートする。

【表を見る】6~8月権利確定の株主優待銘柄はこちら

*  *  *
6、7、8月末に権利が確定する魅力的な株主優待を紹介しよう。一般の個人投資家にも買いやすいように、最低投資金額が30万円未満(株価3千円未満)の銘柄の中から、特におすすめの優待をカリスマ優待主婦のまる子さんにピックアップしてもらった。

 まず6月は、サニーサイドアップ。本業はPR会社だが、シドニー発のオールデイダイニング「bills」を展開しており、店舗で使える食事優待券がもらえる。

「billsの店舗数はあまり多くありませんが、店内の雰囲気も良く、とても気に入っています。人気のパンケーキは、一度は食べたい一皿。優待で食べるとおいしさも2割増しな気分です」(まる子さん)

 このほか、サントリー系のダイニングバーの「響」などを展開するダイナックホールディングス、「かつや」を展開するアークランドサービスホールディングスの食事券は、会社員にとってランチやお付き合いの強い味方になる。「築地銀だこ」を手がけるホットランドも利便性が高い。

 7月は、健康茶や自然食品をネット販売するティーライフの自社商品買い物券がお得だ。

「投資金額があまり高くないのに、配当もあり、優待も選ぶことができるので、投資初心者にもおすすめです」(同)

 居酒屋を展開する鳥貴族と、高級カフェなどを手がけるバルニバービの食事優待券も人気だという。

 変わり種では日本スキー場開発の株主優待で、スキー場リフト1日券割引やオフシーズンの施設の利用券、スキー場の近くにある温泉割引チケットなど優待の内容が豊富だ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい