田原総一朗×古賀茂明「安倍首相は天皇陛下で人気取り」政治利用に苦言 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗×古賀茂明「安倍首相は天皇陛下で人気取り」政治利用に苦言

このエントリーをはてなブックマークに追加
田原総一朗さん(左) (c)朝日新聞社/古賀茂明さん

田原総一朗さん(左) (c)朝日新聞社/古賀茂明さん

 天皇陛下が退位の意向を表明して以降、安倍政権による皇室の政治利用が目に余るのではないか──。こう苦言を呈するのはジャーナリストの田原総一朗氏と元経産官僚の古賀茂明氏だ。

 4月10日に東京・隼町の国立劇場で開かれた天皇陛下の即位30年を祝う「奉祝感謝の集い」で、安倍晋三首相は祝辞を読んだ。政府主催ではなく、超党派の国会議員連盟と民間の奉祝委員会の共催。天皇、皇后両陛下が臨席しないなかで盛大に行われた式典について、「完全な政治利用で統一地方選、参院選に向けた景気づけ」と古賀氏は断罪する。

 田原氏も同様に指摘する。

「天皇陛下を利用しての人気取りは当然、安倍首相は考えている。元号発表にしてもそうです」

 一方、天皇陛下と安倍首相の姿勢は対極にあると、田原氏も古賀氏も指摘する。昨年の誕生日の会見で天皇陛下は「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵しています」と発言した。安倍首相について古賀氏は「戦争になってでも日本を守るという姿勢に見えます。安全保障や外交を見ても『力』に頼る、憧れていると感じます」と言う。

 生前退位をめぐる法改正でも考えは違った。田原氏は「陛下は生前退位に関して皇室典範の改正を望んでいた。ところが、安倍政権は一代限りの特例法にした」と話す。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい