「令和ってキラキラネームっぽい」 丸山茂樹が本音 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「令和ってキラキラネームっぽい」 丸山茂樹が本音

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める

奈紗ちゃん、強いねっ (Getty Images)

奈紗ちゃん、強いねっ (Getty Images)

 ゴルファーの丸山茂樹氏が新元号と自身が主催した大会「マルジュニア」について語る。

【写真】ツアー3勝目を挙げた20歳の畑岡奈紗選手

*  *  *
 いやいやいや、何を置いてもまずは新元号「令和」のお話ですよね。

 4月1日は「第17回丸山茂樹ジュニアファンデーションゴルフ大会」(千葉CC梅郷コース)の当日だったので、運営の合間にスタッフみんなでテレビに注目してました。

 僕はめちゃくちゃ意外な感じなのがくると思ってたんですよ。昭和、平成、令和って、自然な並びじゃないですか。まったく違うのがくるかな、と。だから予想外でした。

 僕はちょっとシュールな感じにも期待してたんです。昔っぽい感じがいいと思ったんですよね。たとえば応仁とか天保みたいに、古くさい感じでいってくれないかな、と。言ってみりゃ、令和ってキラキラネームっぽいじゃないですか。もっとコテコテの感じで、それこそ元禄みたいなね。

 だけど、いいかなと。選ばれた人たちがいろんな意見を出し合って決めたんですから。それはそれでね。万葉集からとってるそうですしね。

 それにしても、新元号のニュースほど日本の誰もが注目するのってないんじゃないですか? 平成のときも覚えてますけど、みんな結構必死でテレビ見てましたよ。あれは1989年ですから、僕は日大の1年生ですね。まさか、あの発表を2回も見るとは。アメリカに9年間いたときはもう、元号なんてぜんぜん使いませんでした。当たり前だけど。だからもう、日本も西暦一本でいいんじゃないかななんて思ってたんですけど、日本は日本でいいのかなと。日本にしかないものですからね。

 さて、新元号発表の日にあったマルジュニアです。岡山・作陽高校の久常涼君が67で回って、中学・高校男子の部で優勝。「セガサミーカップ2019」(8月22~25日、北海道・ザ・ノースカントリーGC)の主催者推薦トーナメント(マンデートーナメント)の出場権を勝ちとりました。プロの試合でローアマもとってる子だから、セガサミー狙いで来たんだと思います。そういう付加価値を大事にしていきたいですね。ほかの試合のマンデー枠なんかをもらえるように、いろんなところに頼んでいきたいと思いますね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい