会えたらラッキー? 歯科医の「ドクターX」の正体とは (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

会えたらラッキー? 歯科医の「ドクターX」の正体とは

連載「歯科医が全部答えます! 聞くに聞けない “歯医者のギモン”」

このエントリーをはてなブックマークに追加
若林健史(わかばやし・けんじ) 歯科医師。医療法人社団真健会(若林歯科医院、オーラルケアクリニック青山)理事長。1982年、日本大学松戸歯学部卒業。89年、東京都渋谷区代官山にて開業。2014年、代官山から恵比寿南に移転。日本大学客員教授、日本歯周病学会理事を務める。歯周病専門医・指導医として、歯科医師向けや一般市民向けの講演多数。テレビCMにも出演

若林健史(わかばやし・けんじ) 歯科医師。医療法人社団真健会(若林歯科医院、オーラルケアクリニック青山)理事長。1982年、日本大学松戸歯学部卒業。89年、東京都渋谷区代官山にて開業。2014年、代官山から恵比寿南に移転。日本大学客員教授、日本歯周病学会理事を務める。歯周病専門医・指導医として、歯科医師向けや一般市民向けの講演多数。テレビCMにも出演

※写真はイメージです(写真/Getty images)

※写真はイメージです(写真/Getty images)

 最後に、数は少ないですが、大学病院にも所属せず、自分の歯科医院ももたない、いわゆるフリーランスの歯科医師、「ドクターX」のような人がいることも紹介しておきましょう。当院に来てもらっているのは、「総入れ歯専門(自費で作る)の歯科医師」です。北海道の歯科医院と当院を含む都内の歯科医院をまわっており、私は彼のことを「さすらいのデンチュリスト(入れ歯専門医)」と呼んでいます。

 なぜ、彼に依頼をするかといえば、その技術が神業なのです。患者さんの口の中にぴったりと合い、装着すると外れず、なんでもおいしく食べることができるようになる。そんな満足度の高い総入れ歯(自費)を作る腕を持っているからです。

 もう一人、フリーランスで働く歯周病専門医もいます。複数の歯科医院で働いていますが、プロ意識が強く、とても頼りになります。

「ほとんどの人が開業する歯科業界で、なぜ、彼らはフリーランスでやっているの?」

 という問いに、開業医の私が正確なところを答えることはできませんが、一番はそのスタイルが好きだからだと思います。

「群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い……」

 かどうかはわかりませんが、歯科医院を開業すればたいてい借金を背負うことになります。患者さんが来てくれるかどうか、最初のうちは心配ですし、スタッフの教育など経営者としてやらなければならないこともたくさん出てきます。そうした心配がないのが、フリーランスのいいところだと思います。

 このように、非常勤の歯科医師にはさまざまな背景がありますが、情熱を持ち、治療にあたっている人がたくさんいるということを知っていただけたら、とてもうれしいですね。

○若林健史(わかばやし・けんじ) 歯科医師。医療法人社団真健会(若林歯科医院、オーラルケアクリニック青山)理事長。1982年、日本大学松戸歯学部卒業。89年、東京都渋谷区代官山にて開業。2014年、代官山から恵比寿南に移転。日本大学客員教授、日本歯周病学会理事を務める。歯周病専門医・指導医として、歯科医師向けや一般市民向けの講演多数。テレビCMにも出演


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

若林健史

若林健史(わかばやし・けんじ) 歯科医師。医療法人社団真健会(若林歯科医院、オーラルケアクリニック青山)理事長。1982年、日本大学松戸歯学部卒業。89年、東京都渋谷区代官山にて開業。2014年、代官山から恵比寿南に移転。日本大学客員教授、日本歯周病学会理事を務める。歯周病専門医・指導医として、歯科医師向けや一般市民向けの講演多数。テレビCMにも出演。AERAdot.の連載をまとめた著書『なぜ歯科の治療は1回では終わらないのか?聞くに聞けない歯医者のギモン40』が好評発売中。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい